検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2015年8月4日

ごみ収集車の火災が発生しました!

ごみ収集車の火災が発生しました!(平成27年8月3日)

2015年8月3日(月曜日)藤沢市羽鳥で不燃ごみ収集作業中にごみ収集車荷裝部から白煙が出たため、消防署に通報するとともに、人家から離れた道路に停車し、車載消火器で初期消火を実施しました。その後、消防隊が到着し消火活動を実施し鎮火しました。

今回、市民、収集乗務員に怪我はありませんでしたが、火災事故は隣接する住宅や通行人の方などに重大な被害を及ぼすおそれがありますので、ごみの分別と排出にはご注意ください。

 車両火災車両火災2

火災の原因

藤沢消防署・藤沢警察署の調べで、不燃ごみの中に混入したスプレー缶、ガスライターが原因で発火し、収集車内の可燃物に引火したものです。
車両火災の主な原因は、中身の残ったスプレー缶やカセットボンベなどのエアゾール缶、ライター、マッチです。これらのごみを不燃ごみ等に出されますとごみ収集車の中で圧縮されガス漏れが起こり、金属等の接触により発生した火花で引火して、車両火災につながります。
原因

スプレー缶、ガスボンベ、ライターの出し方

  • スプレー缶、ガスボンベの出し方には2種類あります。

   ・中身を使い切り穴を開けて「カン・なべ類」に出す。
   ・中身が残っている場合や穴が開けられない場合「特定処理品目」に出す。

   ※穴を開ける際は排出機構をご使用ください。
    平成19年4月から全てのエアゾール缶(小型缶などの一部を除く)に、缶の中のガスを簡単に抜く
    機構が付いて販売されております。
    一般社団法人日本エアゾール協会(外部サイトへリンク)

  • ライターの出し方
    ライターは着火部分を水にぬらして「特定処理品目」に出す。

情報の発信元

環境部 環境事業センター/南部収集事務所

〒252-0816 藤沢市遠藤2023番地の17(環境事業センター)/〒251-0862 藤沢市稲荷417番地(南部収集事務所)

電話番号:環境事業センター 0466-87-3912(直通)/南部収集事務所 0466-84-0838(直通)

ファクス:環境事業センター 0466-87-9779/南部収集事務所 0466-84-0839

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?