検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 災害廃棄物等の処理に関する基本協定を締結しました。

ここから本文です。

更新日:2019年3月28日

災害廃棄物等の処理に関する基本協定を締結しました。

趣 旨

 現在、5市3町1一部事務組合(平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、秦野市伊勢原市環境衛生組合)では、災害時等に適正な廃棄物処理を行うため、相互援助協定※1を締結しています。

 しかし、大規模な災害が生じた場合、県内施設だけでは大量に発生した災害廃棄物の処理を迅速にできない状況が考えられるため、県外において複数の処理ルートをもつDOWAエコシステム株式会社※2と「5市3町1一部事務組合」間において協定を結び、迅速な処理ができるよう準備します。

 

※1正式名称:「神奈川県湘南地域県政総合センター管内5市3町1一部事務組合間に於ける一般廃棄物の処理に係る相互援助協定」

※2DOWAエコシステム株式会社は、環境省が運営するD.Waste‐Net(廃棄物処理支援ネットワーク)を構成する、(一社)日本災害対応システムズの会員企業

協定の主な内容

1 非常災害以上の災害時に、通常時以外の処理ルートで早急に処理する必要がある場合に処理等を要請します。

(1)焼却施設から発生する焼却灰の通常処理ルートが被災し、処置ができない場合

(2)焼却灰を埋め立てる場所を仮置き場として利用するため、他の処理ルートで処置する必要がある場合

(3)焼却施設の能力を上回る量の災害廃棄物が発生した際、生活ごみ・避難所ごみ(生ごみ等)を優先的に焼却するため、破砕残渣の焼却処理を他の処理ルートで処理する必要がある場合

(4)焼却施設等で処理困難な性質の災害廃棄物等が生じ、それがDOWAエコシステム株式会社で処理可能な場合

2 支援内容

(1)車両又はJR貨物による運搬及び輸送に必要なコンテナや資機材等の提供

(2)焼却灰の溶融化、焼却灰の埋め立て、破砕残渣の焼却及びその他の処理

協定締結日

 2019年3月27日

 

情報の発信元

環境部 環境総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3311

ファクス:0466-50-8417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?