ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン接種後の診療について

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

子宮頸がん予防ワクチン接種後の診療について

子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応(痛み、しびれ、脱力など)について、適切な診療に対応するための医療機関が公表されています。
接種後の痛みやしびれ等が継続している方は、通院中の医療機関または接種を受けた医療機関へ相談してください。
公表されている専門の医療機関を受診する場合は、紹介状(診療情報提供書)が必要になります。

子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

厚生労働省は診療体制の整備等を進め、医療機関の情報提供をしています。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について
(外部サイトへリンク)

 

子宮頸がん予防ワクチン相談窓口(感染症・予防接種相談窓口)

電話番号 03-5276-9337

月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで(土日祝日、年末年始を除く)

厚生労働省が業務委託をし、外部の民間業者により運営されています。

厚生労働省の相談窓口(外部サイトへリンク)


情報の発信元

福祉健康部 健康増進課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-8430(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?