ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種の勧奨を差し控えています。

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種の勧奨を差し控えています。

 厚生労働省健康局長の勧告通知に基づき、子宮頸がん予防ワクチンの接種につきましては、積極的な接種の勧奨を差し控えております。

平成25年6月14日に開催された厚生労働省の第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、子宮頸がん予防ワクチンの副反応について専門家で構成される委員による分析・評価が行われました。
会議の中で、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が本ワクチンの接種後に特異的に見られることから、同副作用(専門的には副反応)の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。
この結果、予防接種法に基づく、子宮頸がん予防ワクチンの接種につきましては定期予防接種の中止ではなく、継続するものの、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。 

 

厚生労働省健康局長通知

厚生労働省リーフレット

リーフレットには下記内容が載っています。
「現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

  • 子宮頸がんは、こんな病気
  • 子宮頸がん予防ワクチンの効果
  • 子宮頸がん予防ワクチンの接種についてのリスク
  • ワクチン接種後の注意

平成26年1月20日開催しました第7回厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会)の審議結果は、「積極的な接種勧奨の再開の是非については、次回以降改めて審議し検討することとされました。」

審議結果等につきましては、厚生労働省のホームページをご覧ください。

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 健康増進課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-8430(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?