ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 公害 > 大気汚染 > 大気汚染防止法の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2015年10月20日

大気汚染防止法の一部改正について

大気汚染防止法の一部を改正する法律が平成25年6月21日に公布され、平成26年6月1日に施行されました。

主な改正内容は次のとおりです。

1 届出義務者の変更

石綿(アスベスト)を含む建築物等の解体、改造、補修作業の実施の届出義務者が工事の施工者から発注者に変更となりました。

2 解体等工事の事前調査及び説明の義務化

解体等工事の受注者は、石綿使用の有無についての事前調査、発注者への書面による調査結果の説明、及びその結果等の解体等工事の場所への掲示が義務付けられました。

3 立入検査等の対象の拡大

都道府県知事(藤沢市においては藤沢市長)による立入検査等の対象が拡大されました。

詳細については環境省HP及びリーフレットをご覧ください。

リンク

環境保全課トップページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

環境部 環境保全課

〒251-0054 藤沢市朝日町1番地の6 NTT藤沢ビルD棟2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3131

ファクス:0466-50-8418

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?