ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

 

 

藤沢市教育委員会『教育長の窓 No.125』

2015年(平成27年)2月 教育長の窓 No.125

『思いを言葉に ~地域文集「砂丘」と「わかふじ」~

地域文集「砂丘」と「わかふじ」の表紙

2月如月(きさらぎ)、着更着とも書き、「着る物をさらに重ねて着るぐらい寒い」月だという説もあります。日本海側では、大雪、大風が続き、氷点下になることも多いと報道が伝えています。
ここ藤沢は、朝晩は冷え込むものの、日中は、日だまりの暖かさの中、富士の山を見ることができ、穏やかな気候の土地であることを実感しています。各学校では、インフルエンザにかかる子どもたちが増えておりますが、寒さの中でも、元気にたくましく教育活動を行ってほしいと願う日々です。

さて、2月は、中学校の文集「砂丘」と小学校の文集「わかふじ」が刊行される月です。この地域文集は、「子どもたちが自分の生活を見つめ、自分の考えをしっかりもてるようになるためには、作文がどんどんかけるようにならなくてはならない」「きれいな言葉、日本の言葉を学ぶ」といった意図で、先生方が考えた中で生まれてきました。
「書くことは、考えることに通じる」と私は思っています。また、「文字を刻むことは、思いを刻むこと」だとも思っています。日常の中のありふれた出来事に、ふと感動することが見つかったり、今まで気づかなかったことに気づいたりしたことを、自分の言葉で表現していくことは、自分を発見することにもつながります。
先人たちが、そういった願いを込めて作成した、地域文集には、数々の歴史が刻まれ、各号にふれると、その時代を感じることができます。子どもたちの「書くことへの意欲」はもとより、編集担当の先生方の子どもたちの作品への温かな思いと、あるときは夜遅くまでかけて編集に携わる熱意が脈々と流れているとも感じます。

地域文集として、中学校においては、作文、詩、短歌、俳句、意見文、読書感想文等を文集として一冊にまとめた「砂丘」があります。
1949年(昭和24年)、戦争が終わって新制中学校となってまもなくの頃に、第1号が発刊されたと伺っています。現在は、毎年一冊の分量で発刊できるように、各中学校にページを割り振り、各中学校の国語科の先生が中心となって作品を選び、全中学校から選ばれた作品を編集して、一冊にまとめています。
藤沢の子どもたちが綴った作品を、藤沢の子どもたちに紹介し、読んでもらって豊かな感性を築くことを願う先生方の手によって進められ、本年、第64号が発刊されます。

小学校には「わかふじ」があります。
1951年(昭和26年)に、第1号が発刊されました。現在では、「低学年(1.2年生)」「中学年(3.4年生)」「高学年(5.6年生)」と3分冊になっており、一冊におよそ100編の作品が掲載されます。夏休み前に、各学校を通して、作品募集の案内を出し、多くの小学生が作品を応募してくれるように、各学校ごとに呼びかけます。編集にあたる先生方は、多くの応募作品の中から、掲載作品を選び、作文の書き方も含めて発信しています。
本年、第65号が発刊されます。来年もたくさんの応募があることを期待しています。

私は、「わかふじ」の編集委員を何度か務めましたが、第40号編集の折には、低学年の「わかふじ40号のあしあと」の編集を担当しました。1号から39号までの作品を全部読み、その時代が感じられる作品を掲載しました。
その特集の末尾に「一年一年 ひとつひとつの作品の中に 藤沢市の小学生のこころがあるようです わかふじは みなさんが作る みなさんの心のあしあとです 感じたこと 思ったことなどを ことばであらわし のこしていきましょう」と綴りました。今もその思いはかわりません。続けることが、歴史となることを実感しています。
子どもたちも、保護者のみなさまも、また、市民のみなさまにおかれましても、学校の図書室、市民図書館等で、ぜひ一度お読みいただき、子どもたちの表現にふれていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

情報の発信元

教育委員会教育部教育総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-3556(直通)

ファクス:0466-50-8424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?