ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

善行三者ふれあいネットワーク2016

1.テーマ

見たい!子どもの笑顔を。

2.平成28年度の活動について

全体会の開催(年4回)

善行三者ふれあいネットワークの活動について話し合う会議です。地区内の学校長、保育園長、PTA会長、地域団体の代表者など学校・地域・家庭の「顔」総勢27人が集い、善行地区の子どもたちの「今」について考え、情報交換をします。

善行あそび塾<地域ふれあい事業>

ボランティアの指導者が工作や伝承遊びなどを通して、子どもたちに物を作る楽しさや喜びを伝え、科学する力を養うことを目的に開催しました。

<原則:毎月第一土曜日の午前9時30分~11時30分(無料)※変更あり>

平成28年度は、4月・10月を除いた計10回開催し、延べ514人の参加がありました。

その他には、幼稚園児・保育園児・保護者等が含まれています。

日にち

内容

参加者

小学生

その他

小計

5月14日

ゴムてっぽう

53

12

65

6月4日

紙トンボ

33

12

45

7月2日

水ロケット

51

22

73

8月6日

アイスクリームづくり

37

34

71

9月3日

ふきや

17

11

28

11月5日

ブーメラン

13

8

21

12月3日

マスコット(三角おかざり)

29

16

45

1月14日

凧上げ

35

16

51

2月4日

てじな

36

12

48

3月4日

電気パン

50

17

67

合計

354

160

514

第2回おばぁの市場<地域コミュニティ事業>

日時:2017年3月25日(土曜日)午前10時~午後2時30分

場所:善行公民館

参加者:606人

お祭り屋台の形式で、誰もが気軽に「趣味・特技・遊び・学び・作品・食べ物」などを「見せる」、「体験する」集いです。地区内の様々な団体が集い、子どもや大人が交流し、笑顔が育つイベントを目指し、開催しました。

善行では、独自ルールとして子どもたちの自主性を伸ばすために、「お手伝いシステム」を導入し、各ブースでのお仕事(お手伝い)をしてもらいました。

真夏の子どもフェスティバル〈地域活力事業〉

日時:2016年8月20日(土曜日)午後2時~4時30分

場所:善行市民センター

参加者:子ども366人、その他約300人

共催:善行地区青少年育成協力会

この事業は青少年育成協力会、地区内の小中学校、PTA、地域団体、そして中高生ボランティアの皆さんの協力により行っています。

開始直前に雨が降り出し、外のブースを室内に移動するなど、準備に大慌て。参加者が少なくなってしまうことを予測していました。ところが、開始前から傘をさした子どもたちの長蛇の列。雨など関係なく、このイベントを楽しみにしてくれていたようです。フェスティバルでは、100円のパスポートで、おばけやしきの体験、スーパーボールすくい、ヨーヨーつり、模擬スイカ割りなどのゲームを楽しめ、かき氷、ポップコーン、わたあめを食べられます。

子どもも大人も暑さと時間を忘れて過ごした夏の終わりのひとときでした。

真夏の子どもフェスティバル20161.真夏の子どもフェスティバル20162.

 

教育文化のつどい〈地域向上啓発事業〉

テーマ:第36回教育文化のつどい

善行かるた大会~善行を再発見!~

日時:2016年11月26日(土曜日)午後1時30分~3時30分

会場:善行市民センター

参加者:46人

例年、教育文化のつどいとして大人向けの講演会を行っていますが、今年度は大人も子どもも楽しめるかるた大会を行いました。善行地区郷土づくり推進会議が地区内の小中学校を中心に句と絵を募り、完成した善行かるた。善行を再発見するきっかけにしてほしいと思い企画しました。

未就学児・小学校低学年・高学年・一般の4部門に分かれ5~7人のグループを作り、いっせいに絵札を取るというやり方です。読み札を読んでくれたのは善行中学校文芸部の生徒たち。参加者の皆さんは耳を澄まし、絵札を探し、真剣そのものでした。

参加者からは、「札をいっぱいとれてうれしかった」「他の学校のことがわかったり善行の自然が感じられて良かった」「もっと善行のことが知りたくなった」などの声が聞かれました。

善行カルタ「え」絵札善行かるた「え」読み札善行かるた大会写真

善行かるた「み」絵札善行かるた「み」読み札

 

3.平成27年度の活動について

全体会の開催(年4回)

善行三者ふれあいネットワークの活動について話し合う会議です。地区内の学校長、保育園長、PTA会長、地域団体の代表者など学校・地域・家庭の「顔」総勢27人が集い、善行地区の子どもたちの「今」について考え、情報交換をします。

善行あそび塾<地域ふれあい事業>

ボランティアの指導者が工作や伝承遊びなどを通して、子どもたちにものをつくる楽しさや喜びを伝え、科学する力を養ってもらうことを目的に開催しました。

<原則:毎月第一土曜日の午前9時30分~11時30分(無料)※変更あり>

平成27年度は、4月・10月を除いた計10回開催し、のべ456人の方にご参加いただきました。

 

日にち

内容

参加者

小学生

その他

小計

5月9日

紙鉄砲

21

11

32

6月6日

ブーメラン

32

10

42

7月4日

水ロケット

46

10

56

8月1日

アイスクリーム

47

32

79

9月5日

風ぐるま

24

15

39

11月7日

紙ヒコーキ

41

12

53

12月5日

マスコット(ヒンメル)

14

12

26

1月9日

凧あげ

37

12

49

2月6日

ぶんぶんごま

16

12

28

3月5日

電気パン

47

5

52

合計

325

131

456

その他には、幼稚園児・保育園児・保護者等が含まれています。

第1回おばぁの市場<地域コミュニティ事業>

日時:2016年3月26日(土曜日)午前10時~午後2時30分

場所:善行公民館

参加者:580人

昨年まで行っていた「だがしや楽校@善行」を、「おばぁの市場」と名前を改め開催しました。

善行地域の様々な団体が集まり、子どもたちをはじめ多くの人たちが交流する「市場」のように、笑顔あふれるイベントを目指しております。また子どもたち(主に小学生)の自主性をのばすために、「お手伝いシステム」を導入し、各ブースでお手伝いをしてもらっています。はろ~わ~くでお仕事カードを受取り、各ブースの責任者(社長)にお手伝いをしたいと交渉します。お手伝いが終わったら、カードにはんこを押してもらうか、チェック(✔)を入れてもらいます。「おばぁのお店」にいくと、ハンコか✔1個とお菓子1個を交換してもらえるというしくみです。今年人気があったのは、防犯パトロール体験でした。いつもは見守ってもらう側の子どもたちが、蛍光色のベストと帽子を身に付け、公民館内をパトロール。少し大人の気分を味わえたでしょうか。子どもたちの笑顔と笑い声があふれ、大人も元気に、笑顔になりました。

真夏の子どもフェスティバル<地域活力事業>

日時:2015年8月22日(土曜日)午後2時~4時30分

場所:善行市民センター

参加者:子ども407人、その他約300人

共催:善行地区青少年育成協力会

体育室ではゲームや工作コーナー、外では飲食のコーナー、お部屋の中ではおはなし会とおばけやしき。子どもたちは目いっぱい楽しんでくれたことと思います。イベントに参加するためのパスポートが足りなくなるほど盛況で、どのコーナーも大行列。地域の大人たちも子どもたちの笑顔に応えるべく、暑さに負けずにがんばりました。暑い、熱い一日となり、文字通り“真夏の”子どもフェスティバルとなりました。

2016真夏フェス1.2016真夏のフェス2.

 

教育文化のつどい<地域向上啓発事業〉

テーマ:子どものお金教育を考えよう~ケータイ・スマホとの付き合い方から「生きる力」を養う方法まで~

日時:2015年11月29日(日曜日)午前10時~正午

場所:善行公民館体育室

講師:あんびるえつこ氏(生活経済ジャーナリスト「子供のお金教育を考える会」代表)

参加者:57人

小学生のうちに教えておきたいお金との付き合い方のポイントは

1.がまんすることを教える・・・我が家ルールを決め、がまんを経験させる。

2.意思決定力を育てる・・・何が必要か、何を購入するかを自分で決めることができるようにする。

3.いろいろな視点で考える・・・家族会議などで子どもの意見もきく。

使えるお金は限られているので、何を大切にしてどう選択するのか、またお金を使わずに知恵を使う、そういうことが生きる力につながるという話を伺いました。参加者からは、「早速我が家のルールを決めたい」、「とてもわかりやすく有意義だった」、「子どもだけでなく自分自身のお金の使い方についても考えさせられた」などの感想が寄せられました。

 

教育文化お金教育文化お金2

4.善行三者ふれあいネットワークデータ(2016年度)

会長

菅原二恵


委員構成(選出母体名)

善行中学校長、同中PTA、善行小学校長、同小PTA、大越小学校長、同小PTA、藤沢翔陵高等学校、あずま保育園長、大越子どもの家、善行公民館評議員会、善行大越地区社会体育振興協議会、善行あそび塾、自治会連合会、社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会、青少年育成協力会、パートナーシップ善行、交通安全対策協議会、防犯協会、生活環境協議会、おばぁの市場、善行地区スクールガード・リーダー、善行市民センター長

事務局

善行市民センター

(電話:0466-81-4431/FAX:0466-81-4441)

リンク

 

情報の発信元

教育委員会教育部教育総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-3556(直通)

ファクス:0466-50-8424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?