ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画 > 施策・事業 > 御所見中心拠点地区

ここから本文です。

更新日:2017年5月23日

御所見中心拠点地区

御所見中心拠点地区のまちづくり

御所見地区の中心地にふさわしいまちづくりを進めるため、地権者ならびに周辺住民の方々と協働のまちづくりを推進しております。

背景

御所見中心拠点地区では、平成18年度に「まちづくり交付金」(国からの補助金)の事業採択を得て以降、御所見市民センター・公民館の改築工事や多目的広場の整備、宮原古里線(幅員13m)などの周辺道路の整備を進めてきました。

しかしながら、本地区は市街化調整区域(市街化を抑制する区域)に位置づけられていることから、公共施設や地区中心地としての立地条件を活かした土地活用を行うことが難しい状況にあります。

そのため、神奈川県が検討を進めている定期的な市街化区域と市街化調整区域の区分の見直しを、まちづくりの大きな契機と捉えて、都市計画手続きを進めてきた結果、平成21年9月18日の県告示により、御所見中心地区は市街化区域の候補地(特定保留区域)として位置づけられました。

「御所見中心地区市街化編入検討会」の取り組み

平成23年12月に御所見中心地区内の地権者代表及びその代理人を委員とした地元組織「御所見中心地区市街化編入検討会」が発足し、御所見中心地区におけるまちづくりの目標である「『むら』の風土と調和した”賑わい”と”定住”を育むまちづくり」を実現するため、市街化区域編入を視野に入れたまちづくりの検討を進めています。

まちづくりニュース

「御所見中心地区のまちづくりを考える会」の取り組み

平成20年12月に地権者ならびに関係団体の代表を委員とした地元組織「御所見中心地区のまちづくりを考える会」が発足し、中心地区にふさわしいまちづくりの検討を進めてきました。

その結果、平成22年5月に今後のまちづくりの指針となる「御所見中心地区まちづくり基本構想」をまとめ上げるとともに、地権者の皆様の不安を払拭するための勉強会を開催するなど事業促進が図られました。

本会は、平成23年5月に開催された第3回目の勉強会を最後に発展的に解消することになり、現在は地区内地権者代表及びその代理人から構成される新たな地元組織のもと、より具体な検討が行われています。

まちづくりニュース

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

都市整備部 西北部総合整備事務所

〒252-0805 藤沢市円行2丁目3番地の17 藤沢市まちづくり協会ビル3階

電話番号:0466-46-5162(直通)

ファクス:0466-45-9892

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?