[本文へジャンプ]
トップページ > 個人市民税県民税額の計算について

個人市民税県民税額の計算について

最終更新日:2014年1月15日

市県民税の税額は,【均等割】と【所得割】をあわせた金額です。

1.均等割とは
  税金を負担する能力のある人に,同じ額を負担していただくものです。
  均等割の金額は,次のとおりです。

市民税(年額)

県民税(年額)

均等割合計(年額)

3,000円

1,300円(水源環境を守るための超過課税含む)

4,300円

※平成26年度から平成35年度までは、緊急防災対策等を進めるために均等割が市民税3,500円、県民税1,800円に引き上げられます。
詳細は「緊急防災対策・減災対策事業を進めるための個人住民税の均等割引き上げについて」のページをご参照ください

2.所得割とは
    前年1年間(1月1日から12月31日まで)の所得に応じて負担していただくものです。
  【所得割】の金額は,次のように計算します。
 【(a)所得金額】 − 【(b)所得控除金額】 = 【(c)課税所得金額】
 【(c)課税所得金額】 × 【(d)税率】 − 【(e)税額控除】 = 【所得割】

(a) 所得金額
      【所得金額】とは,【収入】から【必要経費】を差し引いた金額です。
(b) 所得控除金額
   【所得控除金額】とは,【医療費控除】や【扶養控除】などの合計額です。
(d) 税率
   【税率】は、市民税6%,県民税4.025%(水源環境を守るための超過課税分含む)です。
(e) 税額控除
     【税額控除】とは,【配当控除】や【外国税額控除】,【調整控除】などです。

 

(計算例)
5人世帯 
     父 年収500万円
     母 収入0円
     子3人(15歳・17歳・20歳)

給与収入:5,000,000円
(給与所得:3,460,000円)
社会保険料の支払額:385,200円
生命保険料の支払額:100,000円(旧制度一般生命)
※計算方法は「所得・控除・税額」のページをご参照ください

所得控除の計算
社会保険料控除: 385,200円
生命保険料控除: 35,000円
配偶者控除:    330,000円
扶養控除:     330,000円
特定扶養控除:  450,000円
年少扶養控除:  0円
基礎控除:     330,000円     

合計:        1,860,200円


課税標準額の計算
3,460,000円−1,860,200円=1,599,800円
                (→千円未満切り捨て1,599,000円)

所得割額の計算
市民税 1,599,000円×6%    =95,940円
県民税 1,599,000円×4.025%=64,359円

市民税の調整控除額 330,000円×3%=9,900円
県民税の調整控除額 330,000円×2%=6,600円
※調整控除の計算方法は「所得・控除・税額」のページをご参照ください

市民税所得割額 95,940円−9,900円=86,040円
                (百円未満切捨て→86,000円)
県民税所得割額64,359円−6,600円=57,729円
                (百円未満切捨て→57,700円)
市民税均等割額 3,000円(平成26年度から平成35年度までは3,500円)
県民税均等割額 1,300円(平成26年度から平成35年度までは1,800円)

市県民税年税額 86,000円+57,700円+3,000円+1,300円=148,000円
(平成26年度から平成35年度までは
86,000円+57,700円+3,500円+1,800円=149,000円)
 


このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった


このページに関してのご意見がありましたらご記入ください


上記いずれか1点以上の選択・記入をお願いします。


1000文字以内で記入してください。


●このページに掲載されている情報の発信元
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
電話 0466(25)1111(代表) (内線) 2341