ここから本文です。

更新日:2017年10月4日

マイナンバー制度に便乗した、不審な電話等にご注意を!!

10月からマイナンバーの通知が開始され、制度に便乗した不審な手口に関する情報、注意していただきたい事をお知らせします。

事例

「マイナンバー制度導入に伴い、個人情報を調査中である」と言って、行政機関の職員を名乗る女性が来訪。銀行口座や資産、保険の契約状況等を聞かれたが、本当に行政機関はそのような調査をしているのか。不安。

上記の事例以外にも、マイナンバー制度を口実に「マイナンバーの管理を請け負うと称する業者から電話があった」「マイナンバー関連通知とのタイトルで不審なメールが送信された」等の情報が寄せられています。

★トラブルに遭わないために

  • マイナンバーの手続きにおいて、行政機関等が、資産状況や口座番号等を電話等で尋ねることは一切ありません。
  • マイナンバーの通知は、簡易書留で各世帯に郵送されますが、その際に配達員が代金を請求したりすることはありません。
  • 通知に「なりすました」郵便物にご注意ください。正式な通知では、同封する返信用の書類等でも口座番号の記載を求めることはありません。
  • 不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても必ず断ってください。

連絡先

☆不審な電話があった場合の情報提供・・・藤沢市消費生活センター(内2593~2595)

☆個人番号カードの申請や受け取り方法などで不明な点がある場合・・・藤沢市コールセンター0466-28-1000

☆制度全般について・・・全国共通ナビダイヤル0570-20-0178

 


情報の発信元

市民自治部市民相談情報課消費生活センター

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル6階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2592

ファクス:0466-50-8409

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?