検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 火災となるおそれがあります!

ここから本文です。

更新日:2017年8月16日

火災となるおそれがあります!

火災となるおそれがありますものを紹介しています。

(1)蛍光灯からの火災

全国的に,5月から9月にかけての気温や湿度の高い夏場に,低圧進相コンデンサに起因する火災が多く発生しております。
低圧進相コンデンサは,身近な製品としては蛍光灯にも使用されており,動力等を使用する電気機器の配電盤にも,電力の無駄を省く機器として使用されています。
本市においても,蛍光灯からの出火事例が確認されておりますので,古い低圧進相コンデンサの危険性について紹介します。

火災の危険性

動力機器が使われていない,又は,接続されていない状態でも,低圧進相コンデンサに電圧がかかっている状態であれば出火する危険性があります。しかし,コンデンサ自体が動かなくなるなどの前兆が見られないため,劣化や故障が分かりにくいものです。
低圧進相コンデンサの更新推奨時期は,10年となっているため,計画的に交換していく必要があります。また,昭和50年(1975年)以前に製造された古い低圧進相コンデンサについては,保安装置が内蔵されていないため,経年劣化が進むと火災に至る危険性が高くなります。

一般社団法人 日本電機工業会では,古い低圧進相コンデンサによる火災事故の未然防止として,使用の停止と取換えのお願いをしています。
なお,更新推奨期間は10年です。

(問い合わせ先 一般社団法人 日本電機工業会 電話03-3556-5885)

早めの交換をお願いいたします。

(2)収れん火災(水晶玉や金魚鉢から炎が出る?!)

藤沢市内では、水晶玉などによるレンズの作用で火災になる事例が年間に数件確認されています。「収れん火災」という聞き慣れない名前の現象ですが、この火災を引き起こす要因はとても身近にあります。収れんとは”一点に集める”という意味で、虫眼鏡等の凸レンズ、化粧の際に使われる凹面鏡、ステンレスボール、水晶(ガラス)玉、ペットボトル、金魚鉢などが、太陽の光を集めることにより、火災を引き起こすことが確認されています。
また、夏場に比較して冬場の太陽高度は低い位置にあるため、夏の間は窓際付近しか日が当たらない場所であっても、冬場には部屋の奥まで日が差すことがありますので注意してください。
レンズのようなものを日の当たる場所に置かないことが重要です。

(3)厨房排気ダクト等からの火災

業務用厨房でガス機器等をお使いの皆さまへ

レンジフード・換気扇や排気ダクトの清掃・メンテナンスをしましょう!

業務用厨房でガス機器等を使用する際には、レンジフード・換気扇や排気フードを長時間使用するため、油脂やほこりが短期間でたまりやすく、汚れがひどくなるとCO(一酸化炭素)中毒事故や火災につながる危険性があります。日頃のお手入れや定期的なメンテナンスをきちんと行いましょう。

(4)低温着火(発火)の危険性

ガステーブルやガスコンロが家の壁に近すぎると、壁の中の木材が加熱されて壁の中の木材から出火することがあります。
これは、木材が比較的低温で長期間加熱されることにより、徐々に水分が抜けて温度が上がるとともに、熱が下がりにくくなり、最終的には炭化して出火する現象が起こるためです。
様々な悪条件がそろうと出火することがありますので、ガステーブルなどの設置位置は壁から適切な距離を保つか防熱板等を設置しましょう。
また、煙突を使用するストーブやふろがまなども、煙突などの貫通部分で同じような現象が起こります。壁体や屋根などの貫通部分には断熱処理をしっかりと施しましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

消防局 予防課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 総合防災センター1階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8122

ファクス:0466-25-5301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?