検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > セルフ方式のガソリンスタンド利用時の注意事項

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

セルフ方式のガソリンスタンド利用時の注意事項

全国的にセルフ形式のガソリンスタンドの火災が増えています。ご利用の際は必ず次のことに注意してください。

  • (1)静電気除去のため、作業前には必ず計量器に付いている静電気除去シート又は金属部に触れて帯電した静電気を放電してください。
  • (2)給油作業は必ず一人で行ってください。
  • (3)給油前に自動車のドア・窓を閉めてください。
  • (4)給油口付近にお子さまが近づかないように注意してください。
  • (5)ライター、煙草など火気厳禁!
    給油の際には、給油口からガソリン蒸気が吹き出します。また、ガソリンが漏えいした場合には、大量のガソリン蒸気が発生します。このため、喫煙や喫煙のためライター(車内のシガーライターを含む。)に火を着けるといったことは絶対禁物です。
  • (6)自動車の燃料タンクが満たされると、給油は自動的に停止しますので、そこで給油を終了してください。
    (必要以上に給油しようとするとガソリンが給油口の外にはね出したり、漏えいするおそれがあります。また、自動二輪車等の場合は自動的に停止しない場合がありますので、流量を絞りながら注意して給油しましょう。)
  • (7)その他、ガソリンスタンド内に掲示されている注意事項を守ってください。

静電気豆知識

空気が乾燥すると静電気が発生しやすくなります。静電気は異なる二つの物体が接触(摩擦等)して発生します。当然、衣服同士の摩擦でも発生します。この接触する二つの物体が離れるときに、片方に+の電荷が他方に-の電荷が帯電します。この作用がくり返されると電荷が蓄積し、人体では数千ボルト、ときには1万ボルト以上の電圧に達することがあります。

情報の発信元

消防局 予防課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 総合防災センター1階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8122

ファクス:0466-25-5301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?