検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 藤沢市家庭防火推進員

ここから本文です。

更新日:2017年11月10日

藤沢市家庭防火推進員

9

平成30年度 藤沢市家庭防火推進員 募集!

藤沢市では毎年、市内在住の方から家庭防火推進員を募集しております。

藤沢市の行事や防火、防災に関するイベントに参加していただき、地域防災意識の向上を目的に活動しています。

 

b01 b02

募集内容について

家庭防火や地域防災はどうすればいいの?と思っている方など大歓迎です。

家庭防火推進員についてご興味がある方や、内容について知りたいなどのお問い合わせは藤沢市消防局「予防課」へお願いいたします。

ご連絡をお待ちしております。

活動内容

藤沢市家庭防火推進員の主な年間活動内容について

年間で十数回のイベント等に参加していただき、防火、防災に関わる様々な活動をしています。

消防関連施設を見学しました

11月2日(木曜日)に東京都江東区にある「がすてなーに ガスの科学館」へ視察研修に行きました。
ご家庭で使用する機会の多い、ガスについていろいろ学んできました。
ガスについてお話を聞きながら見学です。がすてなーにガスの科学館は体験型の施設です。道具を使用したクイズ、実際に使用する配管を見たり触れたりして、ガスの性質やご家庭までどのように運ばれてくるのか等を学べます。今回は主に都市ガスと呼ばれているガスについての研修です。

0019

見学開始

0024

体験学習コース


日本のガスのほとんどは海外から船で輸入しています。低温にすることで液状にして運ばれたガスは海岸近くのタンクに移されます。気体で使用するため、海水を利用してガスを温めます。気体になったガスは気体用のタンクに充填され、一般のご家庭に運ばれています。
ガスタンクの湖底に使われている柱は地中深くまで埋まっており、簡単に柱が外れないことや、液化したガスは気体になると膨らむため、タンクは金属製でも伸縮性があり、安全な構造になっていること等を教えていただきました。
ガスは空気(酸素)と混ざることで燃焼するため、ガスで充満したタンクでは火が付いたりすることは、まずないそうです。

 

0031

ガスの運搬について

0030

ガスタンクの固定方法


ガスの安全対策として、コンロはSiセンサーと呼ばれる安全対策が施された機器の普及や、マイコンメーターによるガス漏えい時の遮断等を教えてもらいました。また、地中のガス配管は地震や腐食に強い樹脂製へ交換が進んでおり、安全性を高めていることも教えていただきました。
ガスは本来無臭ですが、腐臭と呼ばれる臭いを付けることにより、ガスの漏えいを早期に発見できるようにしています。参考ですが、都市ガスは空気より軽いので上に、LPガスは空気より重いので下に溜まります。ガス警報器を設置するときは使用しているガスを確認して正しく設置しましょう。 

0034

ガスの安全対策

0036

安全対策は24時間体制


今回の研修で、ガスの安全対策をよく知ることができたと思います。

0039

便利なガスを安全に使用して、火災予防に努めましょう。

藤沢市総合防災訓練に参加しました

8月26日(土曜日)藤沢市消防防災訓練センターで実施した藤沢市総合防災訓練に参加しました。
この訓練は大規模災害発生時の初動体制確立などを目的として、防災関係機関や防災協定を締結している事業所などと一緒に訓練を実施しました。
家庭防火推進員の方には、自衛隊や市役所の方と一緒に食料供給訓練に参加していただきました。
訓練は相模トラフを震源としたM8.2の大地震が発生して、家屋倒壊、道路損壊、ライフラインの途絶、死傷者も多数発生しているという想定です。
訓練地震発生時に、参加者全員で行う「シェイクアウト訓練」を実施しました。この訓練は「ドロップ」姿勢を低く「カバー」身体を守り「ホールドオン」じっとするという、地震発生時の基本行動を慌てずに行うことが目的です。家庭防火推進員の方もしっかりと机の下に避難しました。

6

地震発生!身を守ります!

10

シェイクアウト訓練実施中


訓練地震発生後に災害対策本部が設置されて、今後の対応を検討します。情報収集や避難所開設、火災防ぎょ訓練などさまざまな訓練が実施されていきます。
家庭防火推進員の方には、他の訓練を見学してもらいながら、食料供給訓練の準備をしてもらいました。
災害対策本部が自衛隊派遣の要請をしました。家庭防火推進員は、市役所の職員と自衛隊員が作ったカレーを市民に供給します。今回は訓練ですので試食サイズです。

21

ご飯とカレーを盛りつけ

23

自衛隊員と力を合わせて


準備を進めているうちに、食料供給訓練が開始されました。開始直後、市民の方の集まりは少なかったのですが、数分するとたくさんの方々が集まってきました。盛りつけ係も配膳係も大忙しとなりました。用意していた400食のカレーはすべての訓練が終了する前に完食となりました。

32

食料供給訓練開始

34

あっという間にたくさんの市民が!


とても暑い中での訓練でしたが、家庭防火推進員の皆様はとても手際よく行動をしていました。災害時には地域のリーダー的存在として活動していただけると感じました。
暑い中の訓練、お疲れ様でした。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

消防局 予防課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 総合防災センター1階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8122

ファクス:0466-25-5301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?