ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 施策・計画 > 藤沢市災害復興基金条例の制定について

ここから本文です。

更新日:2019年3月26日

藤沢市災害復興基金条例の制定について

2015年(平成27年)3月26日藤沢市災害復興基金条例が公布され、4月1日に施行されました。

目的

この条例は、2014年(平成26年)12月18日に公布・施行された藤沢市災害復興条例第13条に基づき、大規模かつ重大な災害が発生した場合における市民生活の復興及び災害からの復旧を迅速かつ円滑に進めるため、災害復興基金を設置し、必要な財源の確保を目的とするものです。

条例本文

藤沢市災害復興基金条例(PDF:39KB)

今後の予定

この基金については、被災者の生活再建支援、住宅・事業設備等の復旧費用の助成、地域コミュニティ等の文化面の復興に役立つ事業などに充てること、並びに市民からの寄付金等の受け皿としての役割を持つものです。このことから、本市の他の基金の状況も踏まえ、5億円程度を目標として、平成27年度当初予算以降、財政状況も考慮しながら計画的に各年度に予算化を図り積み立てていく予定です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

防災安全部 防災政策課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎7階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2402

ファクス:0466-50-8437

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?