ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 過去の報道発表・プレスリリース > 令和3年5月報道発表・プレスリリース > 藤沢宿成立前夜を語る奉納銘文!常光寺の仏像台座が新たに市指定文化財に!

ここから本文です。

更新日:2021年5月27日

常光寺の木造蓮華座(仏像台座)が新たに市指定文化財になります

 藤沢市教育委員会は、6月1日(火)に旧藤沢宿の常光寺に伝わる「木造蓮華座」を市の重要文化財に指定します。 

 今回の指定により、藤沢市所在の指定文化財は、国指定9件、神奈川県指定13件、藤沢市指定85件の合計107件となります。 

概要

名 称 : 木造蓮華座1基 附木造聖観音立像1躯

管理者 : 常光寺

所在地 : 藤沢市本町4-5-21 常光寺本堂

寸 法 : (蓮華座)高さ約28cm、最大径約32cm (聖観音立像)高さ約53cm 

内容

  蓮華座(仏像台座)の最下部を構成する上下二枚の框(かまち)に、永禄8年(1565)の仏像制作・奉納時の銘文があります。「相州小板郡 大庭庄板戸〔坂戸の誤記〕郷浄光寺」とあって、当時の寺名表記がわかるほか、「大庭庄」は、平安時代の大庭郷、中世の大庭御厨(伊勢神宮荘園)に続く地名です。また、列挙される奉納者名のなかに、藤沢宿本陣家の蒔田家など後の藤沢宿の有力者の先祖にあたる名が確認できるなど、藤沢宿以前の歴史を物語る歴史資料として重要な文化財です。

 現在安置されている聖観音立像は江戸時代後期のものであるため、指定にあたって附(つけたり/付随して指定されること)となります。なお、本文化財は、経年劣化があるため、今後修復が行われます。修復完了の来年2月以降に一般公開が予定されています。

    蓮華座                     zou

    蓮華座                        観音像含む全景

 

   最下段銘文1                      

 

 

 (銘文)

 

 「敬白相州小坂郡大庭庄坂戸郷浄光寺

  本尊奉御光台座造立諸旦那結衆頓證

  (中略)

  永禄乙丑年四月一日」

 

   

          蓮華座 最下段の銘文               



銘文2
 (銘文)

 「勧進

  檀方源右衛門

  富塚善右衛門

  (中略)

  蒔田宗左衛門

  磯崎又七郎」


        蓮華座 下から二段目の銘文

    



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

生涯学習部 郷土歴史課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-27-0101(直通)

ファクス:0466-50-8432

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?