検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > ー別荘文化を伝える民俗文化財の新指定ー「鵠沼の印袢纏」

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

ー別荘文化を伝える民俗文化財の新指定ー「鵠沼の印袢纏」

藤沢市教育委員会は4月1日(月曜日)に「鵠沼の印袢纏」37点を一括して市の重要文化財に指定します。
今回の指定により、藤沢市所在の指定文化財は、国指定9件、神奈川県指定13件、藤沢市指定80件の合計102件となります。

1.指定文化財

名 称 鵠沼の印袢纏
所有者 鵠沼郷土資料展示室運営委員会(鵠沼海岸2丁目10番34号 鵠沼市民センター内)
員 数 37点(うち12点は仕立て前の反物状態)
特 徴 鵠沼の別荘開発のなかで、常住しない別荘主にかわって別荘を管理した出入りの職人や仕事師に配ら
    れた袢纏、別荘に御用聞きに出向く際に着用した店の屋号が入った印袢纏、年始に別荘を回って梯子
    乗りや獅子舞を披露する際にも着用された鳶職人の役袢纏など、別荘文化の一端を伝えるものです。

2.指定記念展示会

「鵠沼海岸別荘地で生まれた印袢纏文化と電話回線事情」
会 期 4月2日(火曜日)~8月15日(木曜日)午前10時~午後4時
会 場 鵠沼郷土資料展示室(鵠沼市民センター内)入場無料
別荘

 

 

 

 

 

 

 

         別荘の袢纏
鳶

 

 

 

 

 

 

 

         鳶職人の袢纏

今回指定した印袢纏は、次のような6種類と仕立て前の反物からなります。

(1)別荘の印袢纏9点
別荘主から敷地内で働く職人や仕事師に配られた仕着せ袢纏。出入りの許可書的役割もあった。

(2)商店の印袢纏3点
別荘に御用聞きに出向く際に着用した店の屋号が入った自前の印袢纏。名入の袢纏を着ることで、信用と新たな顧客を得ることができた。

(3)割烹・旅館の印袢纏4点
鵠沼の文化交流の場となった割烹や旅館に出入りする職人が着た、屋号入りの印袢纏。

(4)職人の印袢纏3点
植木屋、大工、畳店、石屋などの親方が屋号を入れた袢纏を配下の職人に配ったもの。
袢纏はユニフォームで、仕事への誇りや仲間同士の連帯感を生む効果があった。

(5)その他の印袢纏1点
藤沢の医学、経済界で活躍した小川泰堂(おがわたいどう)(1814~1878)を顕彰する会の印袢纏

(6)鳶職人の役袢纏5点
鳶職人の役袢纏。式典時の正装のほか、年始に別荘を回って梯子乗りや獅子舞を披露する際にも着用した。

仕立て前の反物12点
袢纏は反物状態で贈られることが多く、贈られた方が袢纏に仕立てた。袢纏一着分の反物は、屋号等が入った衿部分と身頃とが別に裁断されている。裏側の肩当てや袖口用の別布が添えられることもあった。

商店

 

 

 

 

 

 

 

 



          商店の袢纏    

 

仕立て前

 

 

 

 

 

 



        仕立て前の反物

情報の発信元

生涯学習部 郷土歴史課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-25-1111 (内線)5313

ファクス:0466-50-8432

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?