ホーム > まちづくり・環境 > 下水道 > 排水設備 > ディスポーザーの使用について

ここから本文です。

更新日:2018年11月13日

ディスポーザーの使用について

ディスポーザーは、野菜屑や魚の骨等、台所の生ゴミを砕いて大量の水と共に下水道に流し込む器具であるため、単体で使用すると下水の処理を行う浄化センターに負荷がかかったり、下水管内に夾雑物がたまり掃除等維持管理に支障をきたす恐れがあります。

藤沢市では、公益社団法人日本下水道協会が定める「下水道のためのディスポーザー排水処理システム性能基準(案)」(平成25年3月)に基づき同協会の製品認証を受けたもの、または、市長が設置について適当であると判断したものに限って設置を認めています。

ディスポーザーシステムを設置する場合には、あらかじめ設置に関する書類を提出する必要があります。

ディスポーザー設置に関する提出書類(PDF:300KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

下水道部 下水道総務課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル6階

電話番号:0466-25-1111 (内線)4512

ファクス:0466-50-8388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?