ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 保育施設 > 保育施設における新型コロナウイルス感染症対策 > 市内の保育施設における新型コロナウイルス感染拡大防止に関する「よくある質問」

ここから本文です。

更新日:2020年5月27日

市内の保育施設における新型コロナウイルス感染拡大防止に関する「よくある質問」

市内の保育施設における新型コロナウイルス感染拡大防止に関して、市に多く寄せられているお問い合わせをまとめました。電話によるお問い合わせが急増している状況もありますので、まずこちらの「よくある質問」と「回答」をご確認いただき、それでもまだご不明な点がある場合はお電話にてお問合せくださいますよう、お願いいたします。
なお、こちらに掲載する「よくある質問」と「回答」は順次追加して充実を図ってまいります。

「よくある質問」と「回答」

No. よくある質問 回答
1 登園自粛要請の期間はいつまでになりますか。

県の緊急事態措置を受けた市内保育施設の現行の職業要件等がある登園自粛期間は、5月31日までとします。6月1日からは通常運用での開所となりますが、育児休業中の方(下の子の育児休業中で上の子の継続利用をされている方)やご家族のご協力が得られる方などご家庭での保育が可能な方については、当面の間登園自粛にご協力くださいますようお願いいたします。

2 登園自粛ではなく、休園にしないのですか?

4月7日に国から発令された緊急事態宣言を受け、神奈川県から緊急事態措置が示され、保育所については感染防止対策に留意した上での事業の継続が要請されました。
しかしながら、緊急事態措置として外出の自粛が要請されていること、また、感染拡大防止には、人と人との接触機会を減らすべきとの見解を受けて、本市としては、これまで以上に登園自粛を強く要請しております。
休園については、県から新たな措置が示された場合や、地域での感染拡大が更に進んだ場合など、状況を踏まえて検討を行ってまいります。

3 登園自粛要請期間中の保育の対象者の要件に当たらないのですが、利用はできませんか?

自粛要請期間中の保育の対象者としては、児童の両親あるいはひとり親家庭の親が医療関係従事者・社会インフラを支える職の従事者・福祉施設の従事者・国民の生活に密接にかかわる業務の従事者で、休暇取得が困難である場合を要件としております。
これは、接触機会を減らすため、児童の登園をできるだけ控えていただく一方で、医療や社会の機能を維持するために、必要な保育を行う考えによるものです。
この趣旨をご理解いただいた上で、登園自粛についてご協力をお願いさせていただいているところですので、要件に当たらない場合はまず勤務先の職場へ「市から登園自粛を強く要請されている」旨をお伝えいただき、在宅勤務や休暇の取得等の対応が可能かご検討並びにご調整いただきたく存じます。
その結果、登園自粛がやはり難しければ利用することは差し支えありませんが、可能な範囲で保育時間の短縮や保育日数の縮減にご協力をお願いいたします。

なお、今後の状況により原則休園となった場合は、保育の対象とならない可能性がありますので、ご留意願います。

4

<勤め先の事業主向け>

従業員から、登園自粛要請に伴う家庭保育のため、休暇取得の申し出があったのですが、どうすればよいですか?

今回の登園自粛要請に当たっては、勤め先の事業主様のご理解・ご協力が不可欠であると考えております。緊急事態宣言が発令された状況も踏まえまして、事業主様におかれましては、当該従業員の休暇取得やシフト調整などに特段のご配慮をいただきたくお願いいたします。
なお、国では保育所等の登園自粛要請に基づき、子の世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主に対する助成制度として「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」を設けておりますので、ご活用についてご検討ください(「小学校休業等」とありますが、保育所の登園自粛も含まれます)。

詳しくは以下の厚生労働省ホームページをご確認ください。

5

【認可保育施設利用者】

登園自粛した場合の保育料はどの様に手続きしたらよいですか。

保育料は、登園自粛期間中に1日でも欠席した場合減免(日割計算)を適用します。計算方法等詳細は、「【0~2歳児】保育料の減免について」をご覧ください。

4月分保育料については、「特定教育・保育施設等の利用者負担額減額申請書」を5月11日までに保育所等へ提出していただくようお願いしていましたが、登園自粛期間の延長に伴い、提出期限が登園自粛期間中となることから、4月分以降は申請書の提出を不要とし、市が各施設に確認を行い、減免額を決定します。

6

【認可保育施設利用者】

登園自粛したのですが、給食食材料費は払わないといけないのですか?

3~5歳児の給食食材料費は、食材の購入計画等の関係から月額徴収を基本とし、日割計算を行わないことから、原則として減免は行っておらず、登園を自粛してもご負担をお願いしているところです。
しかしながら、登園自粛要請期間が長期化している現状も踏まえ、一定の減免の実施について調整しております。今後、対応が決まり次第、お知らせいたします。

7 保育園で児童・職員に感染者が発生した場合はどうなりますか?

保健所と連携の上、感染者の状況把握及び濃厚接触者の範囲の確認を行い、臨時休園の判断を行うこととなります。施設については消毒作業を行います。
臨時休園後の施設再開(場合によっては一部再開)の時期については、状況により判断を行うことになります。

8

【認可保育施設利用者】

4月入所の場合、5月15日までに育児休業から復職しないと退所となってしまいますか?

育児休業からの復職は、入所日の翌月15日までの復職が必要となっています。(4月1日入所の場合、5月15日までに復職)

宣言解除後においては、原則として通常運用での開所とするため、育児休業からの復職については、6月末を目途に復職日の延期を認めることとし、その場合は退所を求めないこととします(7月1日の復職でも可)。なお、勤務先の都合等により6月末までの復職が困難な場合は保育課までご相談ください。

「復職証明書」については、復職後、勤務先に証明をもらい保育所等または保育課へご提出ください。

9

【認可保育施設利用者】

求職中ですが、2か月以内に就職しないと退所になってしまいますか?

求職中や就労内定の場合は、2か月以内に就労を開始していただくことになっています。(4月1日入所の場合、5月31日までに就労開始)

宣言解除後においては、原則として通常運用での開所とするため、6月末を目途に就労開始を求めることとし、その場合は退所を求めないこととします。(7月1日の就労開始でも可)。なお、勤務先の都合等により6月末までの就労が困難な場合は保育課までご相談ください。

就労が開始できない場合については、保育課へご相談ください。状況等を確認させていただき、すぐに退所を求めないこととします。

10 登園自粛を延長するとのことですが、育児休業からの復職日は延長しないのですか? 宣言解除後は、原則として通常運用での開所とすることから育児休業からの復職は6月末を目途としています。登園自粛については、感染拡大防止のため、育児休業中の方(下の子の育児休業中で上の子の継続利用をされている方)やご家族のご協力が得られる方などご家庭での保育が可能な方につきまして、引き続きお願いをしていくものです。
11 子ども(児童)又は同居している家族が新型コロナウイルスに感染したかもしれないのですが、どうしたらよいですか?

まずはお住いの地域を管轄する保健所(藤沢市の場合は藤沢市保健所)にご相談(※)の上、案内・指示に従ってください。その上で次に挙げる状況になりましたら、通われている保育所等へ速やかにご連絡くださいますよう、ご協力をお願いいたします。

 

【お子様】

  • 新型コロナウイルス感染症に関する検査(PCR検査等)を受けることになった場合
  • 新型コロナウイルス感染症に関する検査(PCR検査等)の結果が判明した場合

 

【同居のご家族】

  • 新型コロナウイルス感染症に関する検査(PCR検査等)の結果、陽性判定となった場合

 

息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合、又は発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合は藤沢市保健所帰国者・接触者相談センター(電話番号:0466-50-8200、土日休日を含む午前9時から午後9時まで)へ、それらの症状がない場合は保健予防課窓口(電話番号:0466-50-3593、平日の午前8時30分から午後5時15分まで)へご相談ください。

12 子ども(児童)と同居している家族が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と判定されましたが、子どもを通園させてもよいですか? 同居のご家族が濃厚接触者と判定されただけでは、お子様は行動制限の対象となりませんが、新型コロナウイルスに感染している可能性が通常よりも高いこと、また、保育所等がいわゆる3密(密閉空間・密集場所・密接場面)を生じやすい環境であることを踏まえ、感染拡大防止のためにも、できる限りの登園自粛をお願いします。

13

【私設保育施設(認可外保育施設)利用者】

登園自粛をした場合、無償化給付の対象になりますか?

私設保育施設(認可外保育施設)の幼児教育・保育の無償化に関する給付費については、保護者が施設へ支払った保育料に対する給付のため、登園実績の有無ではなく、支払い実績に応じて、上限額(3歳児以上:37,000円・2歳児以下の非課税世帯:42,000円)まで給付の対象となります。

ただし、事前に、無償化給付の対象者であることの認定を受ける必要があります。

藤沢市ホームページ「幼児教育・保育の無償化に係る認定申請について」

情報の発信元

子ども青少年部 保育課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-3526(直通)

ファクス:0466-50-8446

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?