ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 保育施設 > 保育施設における新型コロナウイルス感染症対策 > 緊急事態宣言解除後の市内認可保育施設の対応について

ここから本文です。

更新日:2021年3月19日

緊急事態宣言解除後の市内認可保育施設の対応について

 日頃から、本市の保育行政にご理解を賜り、誠にありがとうございます。

 また、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力をいただき、重ねて感謝申し上げます。

 さて、国は、2021年(令和3年)1月7日に発令した緊急事態宣言について、2021年(令和3年)3月21日をもって解除することを決定しました。

 宣言解除後の市内認可保育施設については、引き続き、通常どおり開所するとともに、次の取扱いといたします。

 保護者の皆様におかれましては、お子様の健康管理に努めていただき、体調不良の場合には登園を控えていただくなど、引き続き、感染拡大防止にご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。

1 宣言解除後の登園見合わせによる保育料の取扱いについて

 2021年(令和3年)3月22日以降は、自主的に登園を見合わせた市内在住の児童(0~2歳児クラス)の保育料は、減免の対象にはなりませんので、ご留意ください。

 ただし、市内在住の児童(0~2歳児クラス)が新型コロナウイルスの感染者又は濃厚接触者となったことにより、登園ができなくなった場合は、次の期間について保育料を日割り計算により減免を行いますので、利用している施設にお申し出ください。

  • 当該児童が新型コロナウイルス感染症に感染した場合
    診断日から登園が認められるまでの期間
  • 当該児童が濃厚接触者となった場合
    保健所等からの指示により自宅待機を行った期間

※本ただし書きの取扱いは2021年(令和3年)3月22日からの適用となります。

2 病後児保育事業の利用申込条件について

 病後児保育事業については、利用申込に当たり条件を設けておりましたが、2021年(令和3年)3月22日以降は、通常の取扱いといたします。