ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2022年8月8日

小児(5~11歳)の新型コロナワクチン接種について

国内における5~11歳の新型コロナウイルス感染症の症状の多くは軽症ですが、入院等が必要な小児も発生しています。また、基礎疾患のある小児は重症化リスクが高いといわれています。

こうしたことから、海外での接種の結果などを踏まえ、2022年1月21日に、国が5~11歳を対象とした新型コロナウイルスワクチンを特例承認しました。

(このページの目次)

ワクチンの接種についてご検討ください 接種で使用するワクチン
対象者と接種の時期 接種券の発送
優先接種 予約方法
接種の際の注意事項 当日の持ち物・服装
藤沢市に転入された方へ ワクチンを打った後で具合が悪くなったら
よくある質問 国の検討状況・通知

ワクチンの接種についてご検討ください

新型コロナワクチンの接種は任意です。5~11歳の接種には、現時点では「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法上の努力義務の規定は適用されません。
メリット(発症予防等)とデメリット(副反応や感染後の後遺症等)を本人とご家族でお考えのうえ、接種するかお決めください。

任意ってどっちでもいいのではなくて、どちらかに決めること

国からのお知らせ

厚生労働省の新型コロナワクチン接種のお知らせ

日本小児科学会の考え方

日本小児科学会が、感染状況とワクチンに関する知見や、ワクチン接種の考え方を示しています。

ファイザー社からのお知らせ

接種で使用するワクチン

国内で5~11歳を対象とした新型コロナウイルスワクチンとして承認を受けたワクチンは、現時点ではファイザー社製のみです。12歳以上のワクチンとは別のもので、含有されるmRNA量が3分の1のお薬になっています。

対象者と接種の時期

対象となる子ども

5~11歳の小児

接種の時期

  • 3月7日から開始しています。※3月7日~20日は優先接種期間です。詳しくは、優先接種をご確認ください。
  • 12歳になるまでに2回接種します。
  • 1回目と2回目との接種の間は3週間あける必要があります。原則として3週間後の同じ曜日に2回目を接種します。
  • ほかのワクチンを接種する場合は、コロナワクチンの接種の前か後で、2週間あけなければいけないことになっています。

接種券の発送

接種券は2022年(令和4年)2月28日に発送しました。

発送対象

2010年(平成22年)4月2日から2017年(平成29年)3月7日までに生まれた小児

  • 2010年(平成22年)4月1日以前に生まれた11歳の小児については、2回接種を3週間で行うことをお考えの上、接種をご希望の場合はコールセンターにご相談ください。接種券を郵送します。
  • 2017年(平成29年)3月8日以降に生まれた小児については、5歳になった以降に順次接種券をお送りします。

優先接種

2022年(令和4年)3月は、国からのワクチン供給量が少なく、すべての希望する小児への接種が難しいことが見込まれるため、小児の中でも重症化リスクの高い小児等を優先とします。早期接種をご希望の方は、かかりつけ医などにご相談ください。

優先接種期間

2022年(令和4年)3月7日~20日

優先接種の対象者

  1. 次の疾患及びそれらに準ずると医師が判断する疾患を有する小児
    • 慢性呼吸器疾患(気管支ぜん息を除く)、気管支喘息(コントロール不良の難治性喘息)
    • 慢性心疾患(先天性心疾患、後天性心疾患、心筋疾患、不整脈、肺高血圧、冠動脈疾患)
    • 慢性腎疾患、末期腎不全、腎移植
    • 神経・神経筋疾患(脳性麻痺、難治性てんかん、染色体異常症、重症心身障がい、神経発達症(マスクの着用が困難である場合))
    • 血液疾患(急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、ランゲルハンス細胞性組織球症、血球貧食症候群、慢性骨髄性白血病、再生不良性貧血、原発性免疫不全等)
    • 糖尿病・代謝性疾患(アミノ酸・尿素サイクル異常症、有機酸代謝異常症、脂肪酸代謝異常、糖質代謝異常症、ライソゾーム病、ミトコンドリア異常症)
    • 悪性腫瘍(小児固形腫瘍)
    • 関節リウマチ・膠原病(リウマチ性疾患、自己免疫疾患、自己炎症性疾患、血管炎症症候群)
    • 内分泌疾患(副腎機能不全、下垂体機能不全、甲状腺機能亢進症等)
    • 消化器疾患・肝疾患(炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病等)、胆道閉鎖症(葛西術後)、肝移植後、小腸移植後、自己免疫性肝炎、原発性硬化性胆管炎、肝硬変、肝不全、短腸症)
    • 先天性免疫不全症候群、HIV感染症、その他の疾患や治療に伴う免疫抑制状態
    • 小児慢性特定疾患受給児
    • 特定疾患対策事業の対象疾患受給児
    • そのほか、小児領域の疾患(高度肥満、早産児、医療的ケア児、施設入所や長期入院の児、摂食障がい)等で医師が接種を必要と認める場合
  2. 海外での長期滞在が予定される小児
  3. 2010年(平成22年)4月生まれの小児 等

予約方法

予約は原則各医療機関で受け付けます。一部は市予約サイト・市コロナワクチン専用コールセンターで受け付けます。

予約ができる医療機関については、こちらをご確認ください。

予約方法などのお問い合わせ先

藤沢市コロナワクチン専用コールセンター

電話番号:0120-800-071(フリーダイヤル)

お掛け間違いのないようお願いします。

FAX番号:0466-28-2280

接種の際の注意事項

  • 接種日当日に新型コロナウイルス感染症で自宅療養中の小児、濃厚接触者と保健所で判定されて自宅待機中の小児、発熱などの風邪症状のある小児はワクチン接種はできません。
  • 過去にほかのワクチンを打ったときに発熱やじんましんなどの症状があった場合は、接種の前に必ず申し出てください。
  • アレルギーや当日の様子などの問診、副反応が出た場合の処置の確認が必要になるため、保護者が同伴してください。
  • 新型コロナワクチンを受けた後の注意点(厚生労働省資料)(外部サイトへリンク)

接種当日の持ち物・服装

当日の持ち物

クーポン券(接種券)、予診票、母子健康手帳、小児の本人確認書類(健康保険証、小児医療証など)、おくすり手帳(お持ちの方)

  • 接種券
  • 予診票
  • 母子健康手帳
  • 小児の本人確認書類(健康保険証、小児医療証など)
  • おくすり手帳(お持ちの方)
  • 市外に住民票がある方は、住所地外接種届

予診票は、接種券に2回分同封しています。また、ダウンロードして使うこともできます。

当日の服装

接種の際は、腕や肩を出していただきますので、コートやセーターなどの上着は脱ぎやすいものを、下には腕や肩が出しやすい衣服でお越しください。
また、お子さんについても、できるだけマスクの着用をお願いいたします(健康上の理由でマスクを着用できない場合は、お申し出ください)。

藤沢市に転入された方へ

5~11歳で藤沢市に転入された小児の接種を希望する場合、接種券の発行を申請してください。

接種券の発行申請先

藤沢市コロナワクチン専用コールセンター

電話番号:0120-800-071(フリーダイヤル)
お掛け間違いのないようお願いします。

FAX番号:0466-28-2280
(FAXの場合は「小児接種券希望」とし、住所、小児の氏名、生年月日をご記入ください。)

ワクチンを打った後で具合が悪くなったら

接種を受けた医療機関にご相談いただくか、神奈川県の副反応等コールセンターにご相談ください。

休日・夜間の場合は厚生労働省の医療電話相談もご利用いただけます。

神奈川県新型コロナウイルスワクチン副反応等相談センター

電話番号:045-285-0719

FAX番号:045-211-4678

受付時間:24時間

ワクチン接種後に生じた副反応に係る相談等に対応します。医療機関等への紹介は行っていないため、診察を希望される場合は、かかりつけ医や接種した医療機関等にご相談ください。

※副反応以外のご相談(接種の予約、接種券の発送、新型コロナウイルスに感染した際の対応等)にはお答えできませんので、ご注意ください。

厚生労働省 子ども医療電話相談

一般ダイヤル回線などからは、045-722-8000(毎日18時00分~翌朝8時00分)

厚生労働省の子ども医療電話相談は短縮ダイヤルシャープ8000

5~11歳の接種に関するよくある質問

なぜ、小児(5~11歳)の接種が必要なのですか。

小児においても中等症や重症例が確認されており、国は、特に基礎疾患を有する等、重症化するリスクが高い小児には接種の機会を提供することが望ましいとしています。
また、今後様々な変異株が流行することも想定されるため、小児を対象にワクチン接種を進めることとされました。

小児(5~11歳)の接種では、どのような効果がありますか。

現在、5~11歳を対象に使用できるワクチンはファイザー社製のワクチンです。ファイザー社製のワクチンは、5~11歳の小児においても、デルタ株等に対して、中和抗体価の上昇や発症予防効果が確認されています。
オミクロン株に対しても、感染予防効果が期待されています。

接種する量や回数は成人と同じですか。

5~11歳で接種する有効成分の量は、12歳以上で接種する量の3分の1になります。接種回数は12歳以上と同様、3週間の間隔で2回接種します。

小児(5~11歳)の接種にはどのような副反応がありますか。

12歳以上の方と同様、接種部位の痛みや倦怠感、頭痛、発熱等、様々な症状が確認されていますが、殆どが軽度又は中等度であり回復しています。現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと国は判断しています。

1回目の接種後、2回目の接種前に12歳の誕生日がきました。どうしたらよいでしょうか。

11歳以下と12歳以上では、接種するワクチンの種類も量も異なります。2回目も1回目と同じ5~11歳用のワクチンを接種します。

小児(5~11歳)の接種に向けて、保護者が気を付けることはありますか。

ワクチン接種後数日以内は、様々な症状に注意しながら過ごす必要があります。
また、ワクチンの効果は100%ではないことから、引き続きマスクの着用等、基本的な感染対策の継続をお願いします。
学校生活では、接種を受ける又は受けないことによって、差別やいじめなどが起きることのないようお願いします。

基礎疾患があっても接種して大丈夫でしょうか。

国は、基礎疾患がある小児など、特に重症化リスクの高い小児には接種をお勧めしています。かかりつけ医とよく相談しながら、接種をご検討ください。

なぜ小児(5~11歳)の接種は「努力義務」が適用されていないのですか。

小児用のワクチンは、臨床試験等から有効性や安全性が確認されていること、海外でも広く接種が進められていること等を踏まえ、日本でも接種が進められることになっています。
しかし、小児については、現時点において、オミクロン株に対する効果についてのデータが十分でないことから努力義務の規定は適用せず、今後の最新の科学的知見を踏まえ、改めて議論することが適当であるとされました。

5~11歳の接種に係る国の検討状況・通知

厚生労働省通知

11月16日、1月27日、2月14日、2月21日に厚生労働省から「新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)の体制確保について」の事務連絡が出ています。

厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会)

厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会)において、5~11歳の接種の検討がされています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

健康医療部地域保健課新型コロナウイルスワクチン接種担当

〒251-0022藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所3階

藤沢市コロナワクチン専用コールセンター
電話番号:0120-800-071(フリーダイヤル)
FAX番号:0466-28-2280

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?