ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症・難病・精神保健 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる方、陽性となった方へのご案内

ここから本文です。

更新日:2022年11月25日

新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる方、陽性となった方へのご案内

発熱等の症状があり新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる方や、医療機関での受診や抗原検査キットでのセルフチェックなどで陽性が判明した方へのご案内のページです。

発生届の限定について(令和4年9月26日~)

令和4年9月12日付厚生労働省通知(Withコロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて(PDF:704KB))を受け、医療機関から提出される発生届の届出対象が、次のいずれかに該当すると診断された方に限定されました

  • 65歳以上の方
  • 入院を要する方
  • 妊娠中の方
  • 重症化リスク因子(※)があり、新型コロナウイルス感染症治療薬の投与または新たに酸素投与が必要であると医師に判断された方

(※)悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植・免疫抑制剤等の使用による免疫機能の低下

医療機関での受診や医療用抗原定性検査キット等で陽性が判明した発生届出対象外の方は、神奈川県が運営する健康フォローアップセンターの陽性者登録窓口に登録することで、健康相談や宿泊療養施設の利用といった行政サービスを受けることが可能となります。

なお、MY HER-SYSでの療養証明書の発行については、届出対象者に限定されます。

各種案内

1.濃厚接触者について

2.発熱等の症状が出たら

3.陽性が判明したら

4.療養について

5.療養証明書について

6.入院医療費の公費負担について

7.罹患後症状について

 1.濃厚接触者について

濃厚接触者の定義について

濃厚接触者とは新型コロナウイルス感染症に感染した患者の感染可能期間(発症日の2日前から隔離されるまでの間)に次の接触があった方を対象としています。(国立感染症研究所「積極的疫学調査実施要領」より)

  • 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
  • 適切な感染防護なしに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
  • 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
  • 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)

濃厚接触者の待期期間について

感染可能期間内の感染者と最後に接触した日(感染者が同居家族の場合、患者の発症日または自宅で感染対策を講じた日のいずれか遅い方)を0日として、翌日から5日間(6日目に解除)となります。

ただし、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認を行ってください。

また、高齢者など重症化リスクの高い方との接触、高齢者・障がい児者施設や医療機関への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスクを着用すること等の感染対策を徹底してください。

待期期間の短縮について

発熱等の症状がなく、待期期間の2日目及び3日目に薬事承認された抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合は、3日目から解除が可能です。

なお、乳幼児については、抗原定性検査キットを用いることは想定していないため、短縮はされず5日間待機が必要です。

高齢者施設等の職員が濃厚接触者となった場合

高齢者・障がい児者施設や医療機関、保育所等の従事者が濃厚接触者となった場合、外部からの応援職員等の確保が困難な施設であって、一定の要件を満たす限りにおいて、待機期間中、毎日の検査による陰性確認によって、業務従事は可能と示されています。詳細は下記の国からの事務連絡を確認してください。

 2.発熱等の症状が出たら

冬期における新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が懸念されています。

新型コロナウイルス感染症の発生届出対象者となる可能性のある方とそれ以外の方などで、一部運用が異なりますので、ご自身がどの条件に該当するかをご確認ください。

医療機関の外来ひっ迫を避けるため、セルフチェック用抗原検査キットや解熱鎮痛剤などを常備し、重症化リスクの低い方はオンライン診療の受診をご検討ください。

抗原検査キットは、医療用医薬品または一般用医薬品(OTC)をご使用ください。

(参考)新型コロナウイルス感染症 感染への備えについて

(参考)感染拡大を踏まえたオンライン診療の利用について

(参考)新型コロナ 陽性者登録窓口について(神奈川県ホームページ)

(参考)新型コロナの抗原定性検査キットは医療用医薬品または一般用医薬品(OTC)をご使用ください(神奈川県ホームページ)

抗原検査キットで陽性になった方

発生届出対象者、小学生以下の小児

​​​​次のいずれかの方法で、医療機関を受診してください。

①かかりつけ医に相談して受診

発熱診療等医療機関の一覧に掲載されている医療機関に連絡して受診

③藤沢コロナ受診相談センターに相談し、紹介された医療機関に連絡して受診

※発生届出対象でない小児は、陽性者登録窓口への登録をお願いします。

発生届出対象外の方

陽性者登録窓口への登録をお願いします。
お薬の処方が必要な方や、ご不安があり医療機関の受診をご希望される方は、オンライン診療をご利用ください。

それ以外の方は、療養期間終了まで自宅で療養をお願いします。

 

※医療機関の受診にあたっては、新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口もご確認ください。

ご自身が発生届出対象者であるか不明な方や体調に不安がある方等は、迷わずに医療機関を受診するようにしてください。

抗原検査キットで陰性だった方

季節性インフルエンザに感染している可能性があります。

小学生以下の小児症状が重くつらい方は、かかりつけ医や診療可能な医療機関を予約して受診するようにしてください。

抗原検査キットの入手が困難な方

次のいずれかの方法で、医療機関を受診してください。

①かかりつけ医に相談して受診

発熱診療等医療機関の一覧に掲載されている医療機関に連絡して受診

③藤沢コロナ受診相談センターに相談し、紹介された医療機関に連絡して受診

 3.陽性が判明したら

抗原検査キットや医療機関の受診により陽性が判明した方へのご案内です。

発生届出対象者とそれ以外の方とで運用が異なりますので、ご注意ください。

発生届出対象者

医療機関からの発生届提出後、神奈川県からSMSで今後の療養についてのご案内が届きます。

携帯電話をお持ちでない方については、保健所からお電話による連絡があります。

スマートフォンをお持ちの方は、「神奈川県療養サポート」への登録をお願いします。

【神奈川県療養サポート】

ryouyousupport

発生届出対象外の方

医療機関の受診または抗原検査キットによる陽性判明後、神奈川県の陽性者登録窓口への登録が可能です。

登録には抗原検査キット陽性であることがわかる写真医療機関で陽性と診断されたことがわかる書類(※1)等が必要となります。

【神奈川県陽性者登録窓口申請フォーム】

youseisyatouroku

登録後、神奈川県からSMSで今後の療養についてのご案内が届き(※2)、LINEによる健康チェックや受診相談等の療養サポートを受けることができます。

(※1)PCR等検査結果陽性がわかる書類、コロナ治療薬が記載された処方箋、PCR検査センター等の検査結果、診療明細書(「二類感染症患者入院診療加算」が記載されたもの)、診療費請求書兼領収書(コロナ治療に関する記載あり)​​​​​​等

(※2)保健所からの連絡はありません。

 4.療養について

陽性判明後の療養についてのご案内です。

神奈川県が発行する『自宅・宿泊療養のしおり 1.4版(PDF:4,106KB)』もご確認ください。

療養期間について

有症状で自宅・宿泊施設等で療養されている方

発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合、8日目から解除が可能

ただし、10日間が経過するまでは、自主的な感染予防行動を徹底する

有症状で入院されている方、高齢者施設に入所している方

発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合、11日目から解除が可能

無症状で自宅・宿泊施設等で療養されている方

①検体採取日から7日間を経過した場合、8日目から解除が可能

5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合、6日目に解除が可能

ただし、7日間が経過するまでは自主的な感染予防行動を徹底する

自宅療養中の注意事項について

  • 症状が出ている間の外出は控えてください。
  • 有症状の場合で症状軽快後24時間経過後または無症状であった場合、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは可能です。
  • 外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底してください。
  • 熱や咳など症状を抑える薬や、いつも飲んでいる持病の薬が足りない場合には、かかりつけ医や検査を受けた医療機関、かかりつけ薬局などに、まずは電話でご相談ください。(咳止めや熱さましなどは、市販薬としてネットスーパーの薬店等で購入可能なものもあります。)
  • 他の方にすでに感染させている可能性がありますので、身近な人や職場に新型コロナウイルス感染症と診断されたことを伝えてください。

療養期間中の療養サポートについて

発生届出対象者とそれ以外の方とで、受けられる療養サポートが異なります。

発生届出対象外の方は、陽性者登録をしなければ療養サポートを受けることができませんのでご注意ください。

【療養サポート一覧】

gyouseiservice

(※1)LINEによる健康状態のセルフチェックのみ可能

(※2)経済的な事情等で食料品の確保が難しく、希望される方のみが対象

発生届出対象者

  • パルスオキシメーターの配送
  • LINEまたはAIコールによる健康観察
  • 配食サービスの提供(経済的な事情等で食料品の確保が難しく、希望される方)
  • 療養サポート窓口への療養に関する相談
  • 急な体調不良時には神奈川県コロナ119番への健康相談
  • 状況に応じて電話での健康観察
  • 状況に応じて電話や訪問での安否確認
  • 宿泊療養施設の利用(希望される方は保健所へご連絡ください)
  • 療養証明書の発行(希望される方)
地域療養の神奈川モデル
  • 発生届の届出対象である自宅療養者のうち悪化リスクのある方、悪化が疑われる方について、看護師が毎日、電話による健康観察を行うほか、必要に応じて自宅訪問を行い、対面により症状を確認します。また、24時間電話相談窓口を運営します。
  • 地域医師会の医師は、看護師からの相談を受け、オンライン診療や検査を行い、入院が必要と判断した場合には入院調整を行うなど、「地域医療の視点」から効果的に療養サポートを行います。

発生届出対象外の方(陽性者登録がお済みの方)

  • LINEによる健康チェックでセルフケアが可能
  • 配食サービスの提供(経済的な事情等で食料品の確保が難しく、希望される方)
  • 療養サポート窓口への療養に関する相談
  • 急な体調不良時には神奈川県コロナ119番への健康相談
  • 宿泊療養施設の利用(ご自宅での療養が難しいご事情がある方は、申込フォームから申請が可能です)
陽性者登録がお済みでない発生届出対象外の方で、急な体調の悪化等があった場合、以下の連絡先にご相談ください。
  • 藤沢コロナ受診相談センター:0466-50-8200(毎日午前9時~午後9時)

※藤沢コロナ受診相談センターにお電話がつながらない時間帯は、

神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル(0570-056-774)にご連絡ください。

 5.療養証明書について

療養証明書の発行対象について

令和4年9月26日以降に受診して陽性が判明した場合

発生届出対象者に対してのみ、療養証明書の発行が可能です。

令和4年9月25日以前に受診して陽性が判明した場合

すべての方に対して、療養証明書の発行が可能です。

My HER-SYSによる療養証明書発行申請について

厚生労働省の新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム(HER‐SYS)により療養証明書をスマートフォン等の画面に表示することができます。

※印刷する場合は、画面のスクリーンショットを撮ったうえで印刷してください。

My HER-SYSでの療養証明書の発行手順について

発行手順については、厚生労働省のホームページをご確認ください。

なお、My HER-SYSでの療養証明書の表示に必要な「HER-SYS ID」については、令和4年8月9日以降に療養を開始した方を対象に、SMSにて通知されます。

お問い合わせ窓口

MY HER-SYSの操作などについてのお問い合わせ窓口です。

厚生労働省 一般専用問合窓口(9:30~18:15・土日祝除く)

①03-5877-4805

②03-6885-7284

③03-6812-7818

MY HER-SYSでの療養証明書が利用できない方へのご案内

インターネット環境がない方など、MY HER-SYSでの療養証明書が利用できない方等は、電子申請・郵送・お電話でのお申込みが可能です。

※申込みいただいてから証明書発行まで1か月~2か月程度かかります。

※申請は療養された方、またはその保護者等が行ってください。

※神奈川県に自主療養の届出をされた方は、療養証明書(自主療養専用)の発行が可能です。

※療養期間については、原則記載されません。

【申請方法】

(1)電子申請の方は、e-KANAGAWA電子申請システムからお手続きください。

(2)郵送の方は、申請書(PDF:59KB)を出力し、記入のうえ次の住所へ送付してください。

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1藤沢市保健所3階

藤沢市役所健康医療部保健予防課新型コロナウイルス感染症対策担当

(3)お電話の方は、次の電話番号にご連絡ください。

保健予防課新型コロナウイルス感染症対策担当

療養証明書発行専用ダイヤル 0466-20-5356

受付時間 8:30~18:00(土・休日含む)

※※※おかけ間違いにご注意ください※※※

 6.入院医療費の公費負担について

入院勧告について

保健所長は新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するために必要があると認めるときは、感染症法に基づき該当の患者に対して感染症指定医療機関に入院することを勧告することができます。

公費負担の対象となる期間は、保健所からの入院勧告・措置により入院したときから感染症法第22条に基づき退院したときまでの期間となります。

入院医療費について

医療機関から保健所に発生届が提出された日以降の、新型コロナウイルス感染症にかかる医療費は公費負担となります。(治療費・食事代等)

ただし、患者及び生計を同一にする世帯員全ての市町村民税の所得割額を合算した額が56万4千円を超える方は、入院費や治療費等において、月額2万円※を上限に自己負担となります。

※措置入院に要した医療費の額又は入院に要した医療費の額から、他の法律により給付を受けることができる額を控除して得た額が、2万円に満たない場合はその額。

また、入院中にかかる保険診療による治療費以外のパジャマ・リネン代、アメニティ代・差額ベッド代など、入院中に発生した個人の選択による出費は、別途自己負担となります。

詳細は、入院先の医療機関にお問合せください。

感染の可能性がなくなった日(隔離解除後)以降継続して入院される場合の費用や、通院等の費用につきましても、公費負担の適用範囲外となりますので、ご了承ください。

申請について

藤沢市から入院勧告を行い、ご入院された方は、退院後、申請書類と添付書類をご用意いただきます。

提出書類の詳細につきましては、ご連絡の際にお伝えいたします。

なお、入院勧告をした保健所が藤沢市ではない場合は、入院勧告をした保健所へ必要書類等をお尋ねください。

(1)提出書類

  • 入院医療費公費負担申請書
  • 世帯調書
  • 意見書
  • 同意書

(2)送付先

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1藤沢市保健所3階

藤沢市役所健康医療部保健予防課新型コロナウイルス感染症対策担当

  7.罹患後症状について

新型コロナウイルス感染症に感染し快復された方の中で、倦怠感や味覚障害、頭痛、呼吸苦などの症状が一定程度続く方がいらっしゃることが分かっています(一般に、後遺症と呼ばれることもあります)。

神奈川県のホームページに県内の対応医療機関が公表されておりますので、罹患後症状にお悩みの方はご参照ください。

 (参考)新型コロナウイルス感染症の罹患後症状について(神奈川県ホームページ)


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

健康医療部 保健予防課新型コロナウイルス感染症対策担当

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所3階

電話番号:0466-25-1111(内線7166)

ファクス:0466-28-2300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

関連リンク