ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症・難病・精神保健 > 感染症 > おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)について

ここから本文です。

更新日:2020年2月19日

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)について

おたふくかぜは、流行性耳下腺炎あるいはムンプスとも呼ばれる、ムンプスウイルスによる全身感染症です。

昨年から現在にかけて、例年に比べて報告数が多い状況が続いています。
感染症発生動向調査において、第22週(平成28年5月30日~平成28年6月5日)の定点あたり報告数は2.67でした。
(注意報レベルは定点あたり報告数3、警報レベルは定点あたり報告数6が基準値となっています)
今後の動向にご注意ください。

感染経路

飛沫・接触感染(病原体は患者の唾液に含まれ、これを介して感染する)
感染して症状が出ない人(不顕性感染)からも感染します。

症状

2~3週間の潜伏期(平均18日前後)の後、発熱、倦怠感、頭痛、耳下腺・顎下腺・舌下腺等の唾液腺の腫れと圧痛を主症状として急速に発症します。
・耳下腺の腫れは発症後1~4日でピークとなり、その後消失します。
・思春期以降に感染すると、ときに精巣炎や卵巣炎を起こし、男性では局所に痛みと腫れをきたします。
・治療は対症療法となります。

合併症

精巣炎、卵巣炎、膵炎、腎炎、髄膜炎、髄膜脳炎、感音性難聴などがあります。
・感音性難聴はおたふくかぜの症状が出た患者約1000人に一人の頻度で起こるとも言われ、おたふくかぜの合併症として注意が必要です。

予防法

おたふくかぜワクチンは1歳以上で接種することができます。

学校保健安全法における出席停止期間

「耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現してから5日を経過するまで、かつ全身状態が良好になるまで」出席停止となります。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 保健予防課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-3593(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?