検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 水痘(水ぼうそう)流行注意報の発令について

ここから本文です。

更新日:2018年11月22日

水痘(水ぼうそう)流行注意報の発令について

藤沢市では、感染症発生動向調査による2018年第46週(11月12日から11月18日まで)の水痘の発生状況が、※定点あたり1.1人(定点数10か所、報告数11人)となり、注意報発令基準値(定点あたり1人)を超えましたので、流行注意報を発令します。(水痘については、2015年以降報告数が大きく減少しているため、2018年36週から流行警報及び注意報の基準値が引き下げられています。)

※「定点」:定期的に患者発生状況を報告いただいている市内医療機関(水痘の場合は小児科定点10か所)。定点あたりの数とは、1週間分の患者数の平均値。 

<水痘とは?>

・主な症状
水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症で、感染から2週間程度(10日~21日)で、頭から、体幹部・手足にかゆみのある発疹が広がり、発熱(37~38度程度)や倦怠感、頭痛などを伴うことがあります。発疹は、丘疹(きゅうしん:皮膚から盛り上がった発疹)、水疱(すいほう:水ぶくれ)、痂皮(かひ:かさぶた)の順に変化し、順次現れるため、これらが同じ時期に混在するのが特徴です。まれに、肺炎や脳症等の重篤な合併症を起こすことがあります。小児の感染が多いですが、成人ではより重症になり、合併症の頻度も高くなります。また、初感染後は、生涯免疫を得ると言われています。
・感染経路
飛沫感染、空気感染、接触感染
・予防方法
2014年10月から水痘ワクチンは定期の予防接種となっており、2回の接種(1~3歳未満)により発症を防ぐことができると考えられています。ワクチン以外の予防法はなく、患者との接触後、3日以内にワクチン接種することにより、発症の防止、症状の軽症化が期待できます。

 ・《藤沢市の水痘発生状況グラフ》(PDF:59KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 保健予防課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-3593(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?