感染対策チーム(インフェクション・コントロール・チーム; ICT)

 ICTは医療関連感染症(以前は病院感染症といわれていました)対策の専門チームです。
 入院中の患者さんが感染症を発症すると、病状の悪化、入院期間の延長、医療費の増大、限られた医療資源の消費、他の患者さんへの伝播など、さまざまな不利益が起こりえます。

 ICTは、入院中の患者さんがこういった感染症にかかることなく、安心して疾病の治療に専念できるよう、医師3名(うち感染管理認定医師2名)、看護師3名(いずれも感染管理認定看護師)、薬剤師3名(うち感染制御専門薬剤師1名)、臨床検査技師2名という多職種のメンバーが、それぞれの専門的知識と経験をもちよって日々活動しています。

 ICTの具体的な活動は以下のようにたくさんあります。

  • 感染症予防という観点からみた療養環境の整備
  • 職員の感染症予防策の確認と指導
  • 抗菌薬の使用状況の把握と適正使用の推進
  • 抗菌薬耐性菌の監視
  • 血液中から細菌が検出された患者さんの診療への即日介入
  • 各科のその他感染症診療に関する助言
  • 感染サーベイランスの実施(カテーテル関連尿路感染症、手術部位感染症)
  • 感染対策マニュアルの作成・改訂
  • 職員に対する勉強会や講習会の開催

 ICTは現在、毎週金曜日の午後に定期ミーティングを行い、その後、必要な患者さんに関するカルテ回診と担当医との意見交換、療養環境のチェックを行っています。

 さらに院外では、積極的に学会や研究会に参加して新しい情報収集に努めるとともに、当院での活動成果に関する発表も行っています(日本感染症学会、日本環境感染学会、日本化学療法学会など)。

 患者さんと直接お目にかかる機会の少ないICTですが、安全な入院生活の裏方としてがんばっていますので、今後ともよろしくお願いいたします。