新型コロナウイルスワクチン ~医療従事者へのワクチン接種について

当院では、厚生労働省と神奈川県の指導に基づき、医師、看護師をはじめとする医療従事者や、新型コロナウイルス感染症患者に接する可能性の高い病院勤務者、藤沢市消防局救急隊員、保健所保健師等に対にして、2021年3月8日から新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製コミナティ筋注®)接種を実施しました。ワクチン接種による副反応の出現状況などの調査をしたので、その結果を公表します。

ワクチン接種の概要

2021年5月18日で全2回完了

総接種人数

2,438 人

延べ接種回数

4,657 回

1回接種済

2,349 人

2回接種済

2,308 人

接種直後の主な副反応

アナフィラキシー  1件(0.02%)
血管迷走神経反射※1  2件(0.04%)
じんま疹などのアレルギー疑い   14件(0.30%)

※1 極度の緊張や痛みなどによって、血管が拡張し、一時的に意識を失うこと

アレルギーを疑う症状の出現時期

接種後1週以内にみられた副反応

■副反応調査の内訳

接種した2,438人のうち、1,654人の当院スタッフ等に対して副反応調査を行い、解析しました。1,654人の内訳は以下のとおりです。

性別 人数(人) 割合(%)
419 25
1,235 75
年代別 人数(人) 割合(%)
20代以下 347 21
30代 332 20
40代 445 27
50代 299 18
60代 169 10
70代 62 4

■何らかの副反応が現れた接種者(1,604名)の内訳

対象者の約97%に何らかの副反応が現れました。接種した部位の局所反応としては、硬結(接種した部位にしこりができた)、疼痛(接種した部位が痛む)、腫脹(接種した部位が腫れた)、発赤(接種した部位が赤くなった)があります。全身の症状(反応)としては、発熱(37.0℃以上)、倦怠感(だるさ)、頭痛、吐き気、筋肉痛、関節痛があります。
1,604人の内訳は以下のとおりです。

性別 人数(人) 割合(%)
396 25
1,208 75
年代別 人数(人) 割合(%)※2
20代以下 343 21
30代 327 20
40代 431 27
50代 293 18
60代 157 10
70代 54 3

※2 小数点以下四捨五入のため合計100%にはなりません

■注射部位の局所反応

局所反応

接種した部位の局所反応では、1回目と2回目の接種で大きな差はありませんでしたが、2回目の接種の方が1回目よりわずかに高くなり、疼痛(約83%)が最も多く、腫脹(約17%)、硬結(しこり)(約13%)、発赤(約7%)でした。

■全身の反応

発熱倦怠感

頭痛吐き気

筋肉痛関節痛

全身の反応は、接種翌日がもっとも多く、2回目の接種では発熱(37.0℃以上)(約43%)、倦怠感(だるさ)(約57%)、頭痛(約40%)、筋肉痛(約35%)、関節痛(約31%)でした。これらの副反応は、2日目に症状のピークがあり、接種の翌々日にはほぼ改善していました。
当院での限られた経験ですが、厚生労働省の中間報告にある副反応と同様であり、新たな副反応はありませんでした。

<参考情報>

厚生労働省
新型コロナワクチンの接種後の健康状況調査

新型コロナワクチンに関する政府広報オンライン
「そこが知りたい!新型コロナワクチンQ&A 忽那医師に聞きました」

藤沢市ホームページ
新型コロナウイルス感染症のワクチンについて

問い合わせ

 〒251-8550 藤沢市藤沢2-6-1
 藤沢市民病院 病院総務課
 TEL 0466-25-3111 内線8426
 FAX 0466-25-3545