ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険 > サービスの利用 > 第三者行為(交通事故等)で介護サービスを受ける場合について

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

第三者行為(交通事故等)で介護サービスを受ける時は本市への届出が必要となります。

介護保険の被保険者の方が、交通事故等の第三者行為によって、要介護等状態となった場合や、要介護等状態が悪化した場合の介護保険サービスの提供にかかった費用は加害者等が負担することが原則となります。
しかし、損害賠償に時間がかかったりするような場合は、本来加害者等が支払うべき介護保険サービス費を本市が一時的に立て替え、あとから、介護保険法第21条第3項の規定により、本市が第三者行為求償事務を国民健康保険団体連合会(以下「連合会」という。)に委託し、連合会が加害者へ請求することになります。
本市が支払った介護給付サービス費が第三者行為によるものかを把握する必要があるため、介護保険の被保険者の方が、交通事故等の第三者行為を起因として介護保険サービスを受ける場合は、介護保険課へ届出をお願いします。

第三者行為の届出

介護保険サービスを受ける場合は、まず介護保険課へ連絡をいただくようお願いいたします。
そのうえで「第三者行為による傷病届」等の必要書類を提出してください。

提出していただく書類

【交通事故の場合】

  1. 第三者行為による傷病届(エクセル:115KB) 
  2. 事故発生状況報告書(エクセル:114KB) 
  3. 念書兼同意書(エクセル:41KB)
  4. 誓約書(エクセル:40KB)
  5. 交通事故証明書
    ※事故証明書が「物損(物件)扱い」の場合は「人身事故証明書入手不能理由書(ワード:82KB)」もご提出ください。

既に介護保険サービスを受けている方について

 介護保険課から、「第三者行為による傷病届」等の必要書類の作成をお願いすることがありますので、ご協力をお願いいたします。

  


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 介護保険課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎2階

電話番号:0466-50-3527(直通)

ファクス:0466-50-8443

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?