ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康づくり > 健康寿命日本一をめざすリーディングプロジェクトを策定しました!

ここから本文です。

更新日:2018年8月6日

健康寿命日本一をめざすリーディングプロジェクトを策定しました!

 

leading14

 

leading23

1 策定の趣旨

 本市では、2010年3月に、健康増進法に基づく「藤沢市健康増進計画」(第1次)を策定するとともに、同年10月1日には「私たちの藤沢 健康都市」を宣言し、本市独自の健康づくり施策及び保健所政令市としての保健施策を推進してまいりました。また、2015年3月には、第1次計画の終了に伴い、「元気ふじさわ健康プラン 藤沢市健康増進計画(第2次)」(以下「藤沢市健康増進計画」という。)を策定し、健康寿命の延伸に向けた取組を進めているところです。 

 さらなる超高齢化が進展する中、市民一人ひとりが健康で、愛着を持って、末永く暮らし続けることができるまちをめざし、これらの健康増進施策のより効果的な推進を図っていくためには、地域ぐるみの身体活動の促進や、心もからだも健康な状態を維持するための、いわゆるフレイル予防、壮年期の健康づくりなどを、市民や多様な主体とのマルチパートナーシップのもとに進めていくことが必要です。

 このため、2017年4月に策定した「藤沢市市政運営の総合指針2020」においても、まちづくりテーマの1つとして、「健康で豊かな長寿社会をつくる」を設定し、重点施策として「健康寿命日本一に向けた健康増進・介護予防等の促進」を位置づけています。

 また、藤沢型地域包括ケアシステムの推進においても、「健康づくり・生きがいづくり」を重点テーマの一つとして位置づけ、短期目標としている2020年に向けたロードマップにおいて、健康寿命日本一をめざし、健康づくりや介護予防等に自ら取り組めるように支援することを目標として掲げています。

 健康寿命日本一をめざすためには、現行の健康増進計画に基づく取組を市民及び行政が再認識するとともに、改めて保健・医療・福祉部門だけでなく、庁内の横断的な連携を図りながら、現行の取組のさらなる拡充や新規の取組を加えていく必要があることから、これらを新たに「健康寿命日本一をめざすリーディングプロジェクト※1」として取りまとめ、この4年間の中で先導的に推進していくものです。

※1 リーディングプロジェクト 市長がこの4年間に中心的に推進する施策を先導するプロジェクト

2 位置づけ

 「藤沢市健康増進計画」を基本として、「藤沢市市政運営の総合指針2020」及び藤沢型地域包括ケアシステムにおける取組を踏まえ、各部局の個別計画に位置付けられた事業等との連携も見据え、4年間に実施する「リーディングプロジェクト」として取りまとめます。

3 めざすべき姿と基本コンセプト

(1)めざすべき姿
 「湘南の元気都市~健康寿命※2日本一のまち ふじさわ」 

 すべての市民が健康で、愛着を持って、末永く暮らし続けることができるまちをめざします。
※2 神奈川県が公表している県内市町村の「65歳からの平均自立期間」を参考指標とします。
 
(2)基本コンセプト
 健康に関する取組については、現行の「藤沢市健康増進計画」の取組を市民及び行政が再認識し、推進するとともに、面倒で始めにくいと感じがちな健康の取組について、「健康を 楽しく!」をリーディングプロジェクトのサブテーマとして、次の2つのコンセプトに基づくプロジェクトを進めていきます。

 すべての世代にわたって、市民一人ひとりが楽しく気軽に健康づくりに取り組むことができる
 ア 環境づくり
 イ 情報とインセンティブの提供

4 5つのテーマ

 基本コンセプトに基づく取組を効果的に進めるために、取組内容を5つのテーマに分類して、それぞれに事業を位置づけるとともに、市民一人ひとりが「気づく」「やってみる」ことができるよう、行政が主体となって「知ってもらう」「きっかけをつくる」取組により支援していきます。

5 テーマごとの事業内容

【バランスよく食べる】 野菜・朝食Plus1
バランスよく食べる取組の推進 ・野菜・朝食をプラスワンの普及・啓発
様々な主体と連携した食育の推進 ・商業者と連携した食育の推進
地産地消による食育の推進

・地産地消講座

・食育講座

・「おいしい藤沢産」情報発信事業

 

【からだを動かす】 10分多くPlus10
公園を活用した健康づくり

・公園遊具の設置・活用

・公園を活用した健康づくり講座

・公園体操

自転車を活用した健康づくり

・自転車走行空間整備の推進

オリンピック・パラリンピックを契機とした活動の促進

・大会気運と運動に関する関心を喚起する事業の実施

日常生活における軽体操・ウオーキングの普及啓発

・地域散歩道を活用したウォーキングの普及・啓発

・ポイ捨て無くし隊

・ふじさわオリジナル体操・ウオーキングの普及・啓発

地域で身体を動かすグループ活動への支援 ・からだ動かし隊の拡充
ラジオ体操の普及・啓発

・おはよう!キュンとするまち。藤沢ラジオ体操

・様々な主体と連携したラジオ体操の普及

 

【子どもをタバコの煙から守る】 子どもを守るSmart Breath
子どもの未来をつくる禁煙支援

・子どもの未来を創る禁煙支援事業

・妊娠期からの禁煙支援

市有施設における受動喫煙防止対策 ・市有施設における敷地内禁煙の実施

 

【からだを知る】 健康Check
健康を知る機会の環境整備 健康チェックの機会の拡充
成人歯科健康診査の充実 ・口腔がん検診の個別化
特定健診・特定保健指導事業 ・特定健診・特定保健指導の実施
がん予防・がん検診の充実

・がん予防の周知啓発と検診の充実

・育児中の保護者に対するがん予防対策

 

【生きがいを持って生活する】 いきいきLife
認知症施策の推進

・認知症予防施策の強化

・小中学生等子どもや若い世代への認知症サポーター養成講座

生きがいづくり・介護予防の推進

・介護予防事業の推進

・高齢者の多様な活動や居場所への支援

フレイル予防の推進 ・フレイル予防の普及啓発及びオーラルフレイル予防
(仮称)「孫育て講座」の実施 ・孫育てに関する情報提供、交流の支援を実施

 

【気づく・やってみる】(知ってもらう・きっかけをつくる)
気づきのためのインフォメーション事業

・「(仮称)ふじさわ健康ガイド」の作成

・広報活動を活用したPRの拡充

健康づくりに取り組むグループ間の交流促進

・「ふじさわ健康ミーティング」の開催

健康づくりに取り組むきっかけづくり ・健康についてのインセンティブの設定
様々な主体と連携した健康づくりの取組 ・企業や学校と連携した健康増進の取組

 

6 実施期間及び評価

 (1)実施期間
 平成29年度から平成32年度までの4年間とします。 

 (2)評価
 リーディングプロジェクトにおける取組が、藤沢市健康増進計画における市民の行動目標に係る指標の目標値を早期に達成することにつながることから、現状の目標値を引き上げた新たな目標値を設定し、同計画の中間評価の年度である平成31年度にあわせてリーディングプロジェクトの評価を行うとともに、必要に応じて平成32年度以降の同計画へ反映します。 

情報の発信元

福祉健康部 健康増進課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-8430(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?