ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠 > 藤沢市特定不妊治療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2022年7月12日

藤沢市特定不妊治療費助成事業

藤沢市では、体外受精及び顕微授精による不妊治療(特定不妊治療)を受けられたご夫婦(事実婚関係にある方を含む。)に対し、経済的負担の軽減を図るため、主に神奈川県の「不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」の助成決定を受けた方を対象に、上乗せとして治療費の一部(保険外診療)を助成しています。

また、健康づくり課では藤沢市にお住まいの方の「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業」申請受付を行っています(ただし、仮受付については健康づくり課のみで受付)

なお、2022年4月から人工授精等の「一般不妊治療」、体外受精・顕微授精等の「生殖補助医療」について、新たに保険適用されることとなりました。

県の助成制度の最新情報については、神奈川県のホームページでご確認ください。

神奈川県のホームページ(外部サイトへリンク)

 助成内容

(注)必ず神奈川県の助成を受けてから藤沢市の助成申請をしてください。

  県の助成が受けられる治療を県へ申請せずに藤沢市の助成金のみを申請することはできません。

対象者

  1. 治療開始時点で法律上の婚姻関係または事実婚関係にある者
  2. 夫または妻が申請日の1年以上前から藤沢市に住所を有し、かつ引き続き申請日現在も在住していること
  3. 「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成承認決定を受けていること
  4. 藤沢市に納付すべき税の未納がないこと(分納中は対象外となりますのでご注意ください)

助成金額

特定不妊治療に要した費用のうち、神奈川県から受けた助成額を控除した額について、1回の治療につき最大10万円まで助成します。

※文書料や入院室料、室料差額、食事療養等の直接治療に関わらない費用は対象外です。

※神奈川県で申請した後に他市町村で助成決定を受けた治療の費用に関しては対象外です。

助成回数

神奈川県の助成回数に準じて、初回助成の対象となる治療の治療開始日に妻の年齢が40歳未満の場合は1子ごとに6回、初回助成の対象となる治療の治療開始日に妻の年齢が40歳以上42歳以下の場合は1子ごとに3回助成します(年間助成回数の制限なし)。

  • 過去に都道府県・政令指定都市・中核市で国の制度による助成を受けた方及び、所得制限を超えたため過去に、藤沢市独自助成制度を利用して申請した方は、その回数分藤沢市に申請できる回数が少なくなります。

回数のリセット制度

  • 過去に藤沢市の独自助成制度を利用して特定不妊治療を受け出産に至った等の場合は、戸籍謄本等の提出をもって申請回数をリセットすることができます。
  • 神奈川県の申請時にリセットを行った場合には、自動的に藤沢市の申請もリセットされます。

 

申請書類等

  1. 藤沢市特定不妊治療費助成申請書(外部サイトへリンク)
  2. 「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成承認決定通知書のコピー
  3. 「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業」申請時に添付書類として提出した特定不妊治療に要した治療費(保険外診療)の領収書および明細書のコピー

  ※藤沢市の申請回数のみリセットを希望する場合には、戸籍謄本等の提出が必要です。

      →健康づくり課までご連絡ください。

  ※申請者の状況に応じて別途書類等の提出をお願いする可能性がございます。

申請期限

「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書」の日付から6か月以内にご申請ください。

申請期限を過ぎてしまった場合、助成を受けることができませんのでご注意ください。

令和2年度 新型コロナウイルス感染拡大にかかる特例経過措置

※令和3年1月1日以降に終了した特定不妊治療につきましては、所得制限が撤廃されたため、基本的に神奈川県の助成金申請からスタートしていただきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から治療を延期していた方のうち、令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳で、かつ令和4年度所得(課税)証明書における夫婦の合計所得が730万円以上の方につきまして(上記の対象者1.2.4に加えて以下の条件すべてに該当する方)は、神奈川県の助成は受けられませんが、藤沢市独自の助成を受けることができます。以下の条件すべてに該当する場合には、申請方法等のご案内をいたします。

詳しくは担当課までお問い合わせください。

(上記の提出書類1.3に加えて、別途提出を求める書類がございます)

条件
  1. 治療開始の時点で法律上の婚姻をしていること
  2. 特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の見込みがないまたは極めて少ないと診断されたこと
  3. 神奈川県または全国の都道府県・政令指定都市・中核市が指定した医療機関において治療を受けたこと
  4. 夫と妻の令和4年度「住民税課税(非課税)証明書」の合計所得が730万円以上であること
  5. 妻の生年月日が昭和52年4月1日~昭和53年3月31日の方でかつ治療開始時の年齢が43歳であること
申請期限

「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書」の治療終了日(治療期間の末日の日付)から6か月以内にご申請ください。

申請期限の基準となる治療終了日は、原則として次のどちらかです。

 ・妊娠確認検査をした日

 ・医師の判断によりやむを得ず治療を中断した日

申請の受付窓口

健康づくり課(南・北保健センター)

各市民センター(六会市民センター石川分館を含む)および村岡公民館の福祉窓口

  • 福祉窓口(市民センター(石川分館を含む)及び村岡公民館の窓口)の受付時間は8時30分から17時まで(ただし、12時から13時までは受付していません)
  • 藤沢市役所本庁舎・藤沢公民館では申請できません

神奈川県不妊・不育専門相談センター

 赤ちゃんを授かる日を待っているあなたへ

「私って、不妊症?」、「どんな治療をするの?」「流産していて、次の妊娠がこわい」こんな不安が頭をよぎったら・・・

検査や治療方法など不妊や流産をくり返す不育症について、医師や臨床心理士、助産師などの専門家が、相談に応じます。

神奈川県不妊・不育専門相談センター(外部サイトへリンク) 

リンク

電子申請・申請書ダウンロード

情報の発信元

健康医療部 健康づくり課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所1階

電話番号:0466-50-3522(直通)

ファクス:0466-50-0668

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?