ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 過去の報道発表・プレスリリース > 令和2年12月報道発表・プレスリリース > 慶應義塾大学SFC研究所と藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・逗子市・寒川町が連携し、産官学金民連携で未来を共創する『湘南みらい都市研究機構』を発足します

ここから本文です。

更新日:2020年12月4日

慶應義塾大学SFC研究所と藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・逗子市・寒川町が連携し、産官学金民連携で未来を共創する『湘南みらい都市研究機構』を発足します

写真

慶應義塾大学SFC研究所(以下、「慶應SFC」という。)と、藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎市、逗子市、寒川町(以下、「5自治体」という。)は、慶應SFCの呼びかけのもと、「湘南みらい都市に関する研究開発の連携協定」を締結します。

2020年(令和2年)12月4日、慶應SFCに「湘南みらい都市研究機構」を発足させ、連携協定のもとで5自治体が発足メンバーとして参画をし、他の自治体や産官学金民などの多様な主体に呼びかけ、その連携のもとで、産官学金民連携で未来を共創する研究開発に取り組みます。

1.湘南みらい都市に関する研究開発の連携協力協定

この協定は、共通の目的と連携協力事項のもとで、慶應SFCと5自治体それぞれとで締結しています。

詳細は関連リンクをご参照ください。

2.「湘南みらい都市研究機構」の設置

この組織は、湘南の地域と生活に密着した研究開発の実学をもとに、「湘南発のより豊かな未来都市づくり」に取り組むもので、自治体・企業等の関係者、市民、慶應義塾大学の教員・大学院生・大学生、市内の学生・生徒等が研究スタッフとなり、湘南の未来に新機軸を創出するテーマを設定し、地域での実学を推進する予定です。

詳細は関連リンクをご参照ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

企画政策部 企画政策課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎6階

電話番号:0466-50-3502(直通)

ファクス:0466-50-8436

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?