ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠 > 平成28年度からの藤沢市特定不妊治療費助成事業の変更内容

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

平成28年度からの藤沢市特定不妊治療費助成事業の変更内容

藤沢市では、国の助成制度(=神奈川県等の都道府県、指定都市、中核市が実施する助成制度)変更に合わせて、平成28年度から藤沢市特定不妊治療費助成制度の変更を行いました。

以下の変更内容をご確認いただき、申請の可否等ご不明な点がある場合は子ども健康課までお問い合わせください。

変更内容

1.年齢制限

治療開始日(注)における妻の年齢が43歳未満の治療を助成対象とします。

43歳以上で開始した治療は助成の対象となりません。ただし、申請日に43歳になっていても、治療が42歳以下で開始したものは申請ができます。夫の年齢制限はありません。

(注)「治療開始日」とは、申請の添付書類として必要な受診等証明書の「今回の治療期間」の開始日となります。不妊治療のために医療機関に通院を始めた日ではありません。必ず証明書の記載をご確認いただくか、医療機関にお問い合わせのうえ、ご確認ください。

2.助成回数の変更

(1)神奈川県の助成を受けられるご夫婦

神奈川県の助成制度に準じて、初めて国の制度に基づく助成申請をする治療の開始日における妻の年齢により、生涯で受けられる助成回数が変わります。

  • 39歳以下の場合は、生涯通算6回まで
  • 40歳以上の場合は、生涯通算3回まで

(2)県の所得制限超過のため藤沢市の独自助成を受けるご夫婦

所得制限超過のため神奈川県の助成を受けられず、藤沢市の助成のみを申請する方(藤沢市独自助成)については、申請回数が通算3回までに変更となりました。また、一年度あたり1回だった年度あたりの申請回数制限はなくなりました。
※今までに申請した回数は、助成回数に通算されます

制度変更内容早見表

神奈川県の助成が受けられるご夫婦(県への上乗せ助成)

  平成27年度(平成28年3月31日)までに県へ申請した治療についての上乗せ申請 平成28年度(平成28年4月1日)以降に県へ申請した治療についての上乗せ申請
年齢制限 制限なし 治療開始日に妻の年齢が43歳未満であること
所得制限

神奈川県の助成申請時の最新の夫婦の合計所得金額が730万円未満

申請期限

神奈川県の助成承認決定日(決定通知の日付)から6か月以内

助成回数(※)

1年度あたり2回(初年度3回)、通算5年度・10回まで。ただし、平成26年度以降に新規で助成を受け始めた夫婦で、初回助成の対象となる治療の開始日に妻の年齢が39歳以下の場合は、年度の制限なく通算6回まで。

  1. 神奈川県に初めて助成申請する治療の開始日に妻の年齢が40歳以上通算3回まで
  2. 神奈川県に初めて助成申請する治療の開始
    日に妻の年齢が39歳以下通算6回まで

(※)助成回数については、他の都道府県・指定都市・中核市(神奈川県内では横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市)から既に助成を受けている場合や、藤沢市の独自助成を受けた回数も通算されます。

所得制限により、神奈川県の助成が受けられないご夫婦(藤沢市独自助成)

  平成27年度(平成28年3月31日)までに終了した治療についての申請 平成28年度(平成28年4月1日)以降に終了した治療についての申請
年齢制限 制限なし 治療開始日に妻の年齢が43歳未満であること
所得制限

助成申請時の最新の夫婦の合計所得金額が730万円以上

申請期限

治療終了日から6か月以内

できる限り治療終了日から60日以内に申請してください

助成回数(※) 1年度1回、通算5年度まで 通算3回まで(年度あたりの回数制限なし)

(※)助成回数については、神奈川県及び他の都道府県・指定都市(神奈川県内では横浜市、川崎市、相模原市)・中核市(神奈川県内では横須賀市)から国の制度による助成をすでに受けている場合や、藤沢市の上乗せ申請を受けた回数も通算されます。

 

情報の発信元

子ども青少年部 子ども健康課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所1階

電話番号:0466-50-3522(直通)

ファクス:0466-50-0668

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?