ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校における新型コロナウイルス感染症対策について > 【学校の全面再開へ向けて】教育長からのメッセージ(6月8日)

ここから本文です。

更新日:2020年6月8日

【学校の全面再開へ向けて】教育長からのメッセージ(6月8日)

学校の全面再開へ向けて

緊急事態宣言が解除となり、藤沢市の小学校、中学校、特別支援学校では、6月1日から分散登校による段階的な学校再開となりました。休校期間は3か月に及び、子どもたちの学習の遅れや心身の健康など心配は尽きません。新型コロナウイルス感染症では、多くの方々の命が失われました。また、緊急事態宣言による自粛から、経済にも大きな打撃となり、現在もその混乱や苦労は続いています。この難局を命がけで守っていただいた医療関係者の方々やライフラインを守ってくださった方々に、改めて感謝したいと思います。


学校では、3か月に及んだ学習の遅れを取り戻すための取組が大きな課題となります。大前提は、3月までに教育課程を終わらせることを目的とした詰込みになってはいけないということです。学校においては、行事も子どもたちの教育には欠かせませんので、工夫や対策をしながら行っていきます。最終学年の小学6年生、中学3年生、高等部3年生には、できるだけ大きな負担とならないよう、県教育委員会と連携を密にしながら、混乱のないよう情報発信と方針の決定に努めていきたいと思います。

 

学習の遅れにもまして心配されるのが、子どもたちの心身の健康です。これまでの生活リズムが長期間にわたり途絶え、学習習慣に大きな影響を及ぼすだけでなく、運動不足や不規則な睡眠、食事の状況にも影響が心配されます。環境が大きく変化し、不安を抱えている子どもたちも少なくないと思います。段階的な登校の中で徐々にペースを取り戻し、心身の健康を回復してほしいと思います。また、心配ごとがある子どもたちや保護者の方々に対して、安心して相談できる態勢を整えていきます。

 

保護者のみなさまや地域のみなさまには、子どもたちの3か月に及ぶ休校期間を支え、見守っていただき、心より感謝申し上げます。お陰さまで大きな事件や事故もなく、休校期間を終えることができました。学習面では、学校から学習課題を出させていただきましたが、家庭での学習となり、保護者のみなさまには大きなご負担をおかけしました。藤沢市では、休校中に子どもの居場所、食の支援、校庭開放などに取り組みましたが、地域のみなさまには、様々なところでご協力をいただきました。


今後は学校の全面再開を目標に取り組んでまいりますが、子どもたちにとって、これからがこれまで以上にたいへんになると思います。学校生活が始まり、新しい生活様式に移行する中で、子どもたちの心や身体の変化には、特に気を配ってまいります。生活の中で子どもたちが発する些細な信号を見逃さず、導いていくことが大人の役目です。一日も早く安全・安心な生活が戻り、多くの友だちや先生と共に、学習活動や運動に打ち込む日々が戻ることを願っています。今後も、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。


藤沢市教育委員会
教育長 岩本將宏

アジサイ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

教育委員会教育部教育総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-3556(直通)

ファクス:0466-50-8424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?