ホーム > 暮らし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 外国人住民の方の手続き > 外国人住民の方の登録制度が変わりました

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

外国人住民の方の登録制度が変わりました

改正入管法・改正住基法

外国人住民を住民基本台帳法の適用対象に加える「住基法改正法」及び外国人登録法を廃止する「入管法等改正法」が公布され、新制度が平成24年7月9日から施行されました。

外国人登録法が廃止になりました

外国人登録法が廃止され、新たな在留管理制度では、観光目的など短期滞在者を除く、適法に3ヶ月を超えて在留する外国人住民の方には、外国人登録証明書に代わり、「在留カード」または「特別永住者証明書」が交付されます。

特別永住者の方

現在お持ちの「外国人登録証明書」は、有効期限まで「特別永住者証明書」とみなされます。
有効期限までに市区町村の窓口で手続きを行い、「特別永住者証明書」に切り替わります。

永住者の方

現在お持ちの「外国人登録証明書」は、改正後3年間(2015年7月8日)まで「在留カード」とみなされます。
3年以内に入国管理局で手続きを行い、「在留カード」に切り替わります。

上記以外の在留資格の方

現在お持ちの「外国人登録証明書」は、有効期限まで「在留カード」とみなされます。
在留期間の更新時または在留資格の変更時に入国管理局で手続きを行い、「在留カード」に切り替わります。

外国人住民の方も住民基本台帳法の適用対象になりました

新たな在留管理制度の対象となる観光目的など短期滞在者を除く、適法に3ヶ月を超えて在留する外国人住民の方は、住民基本台帳法の対象となり、住民票が作成されました。法改正後は、日本人住民の方と外国人住民の方が一緒に居住している複数国籍世帯でも、同一世帯であれば、世帯全員が記載された住民票の写しを取得できるようになりました。

なお、「短期滞在者」や「在留資格なし」などの外国人住民の方には住民票が作成されませんので、住民票の写しを取得することはできません。

また、外国人住民の方も、日本人と同様、他市区町村に住所異動する場合には、新たな手続きとして日本人住民の方と同様に転出の届出が必要になります。

届出・申請の場所が変わりました

市区町村に届出・申請するもの

  • 住所の異動や世帯の変更等に関する届出
  • 住民票の写しの交付申請・各種行政サービスに関する申請
  • 特別永住者証明書に関する申請

地方入国管理局に届出・申請するもの

  • 氏名、生年月日、性別、国籍・地域の変更に関する届出
  • 在留資格の変更や更新に関する申請

法務省に申請するもの

  • 制度改正前の外国人登録原票に記載されていた内容についての証明に関する申請

新制度の詳しい内容について

詳しい内容については、下のリンクコーナーにある入国管理局または総務省のホームページをご覧ください。

リンク

情報の発信元

市民自治部 市民窓口センター

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎1階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2547

ファクス:0466-50-8410

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?