ホーム > 仕事・産業 > 農業 > 新型コロナウイルスに負けるな!!今こそ地産地消だ!!

ここから本文です。

更新日:2020年3月25日

新型コロナウイルスに負けるな!!今こそ地産地消だ!!

新型コロナウイルス感染症の拡大により、イベント等も中止となり家で過ごす機会が増えていることと思います。今だからこそ藤沢の農水産物の魅力を感じていただき、藤沢産農水産物を味わい、お部屋に花を飾り、元気になりませんか。
藤沢の農水産業者は頑張っています!新型コロナウイルスの影響で販路がなく困っている方もいます。みんなで藤沢の農水産物を買って食べて応援をお願いします!

藤沢の野菜

藤沢では、温暖な気候と消費地に近いという立地条件の有利性を活かし、多品目の野菜を生産しています。なかでも露地野菜の春キャベツ、施設野菜の冬春トマトは、昭和51年に国の指定産地となり、広く消費地に供給されています。
春キャベツは「金系201号」という品種が中心に栽培されています。春キャベツは巻がゆるく、葉がやわらかいので、ぜひ生で食べていただきたいです。
冬春トマトの代表的な品種は、「桃太郎ホープ」「桃太郎はるか」「麗容」「ハウスパルト」といった大玉トマトが中心となっています。最近は品種のバラエティー化も進み、ミニトマトや中玉トマト、神奈川県が開発したオリジナル品種の「湘南ポモロン」の生産にも取り組んでいます。
これ以外にも春はキュウリ、レタス、夏はトウモロコシ、枝豆、秋はブロッコリー、サツマイモ、冬はネギ、大根など、どの季節でも藤沢にはおいしい野菜がたくさんあります。
新型コロナウィルス感染症の影響により、飲食店等へ納めていた農産物の取引がストップしています。特に影響が大きいのがレタス。玉レタスもリーフレタスも契約栽培していたものがキャンセルされてしまい、販売が苦戦しています。藤沢産のトマト、キャベツ、キュウリとともに「藤沢サラダ」としてご賞味ください。

購入場所

藤沢の畜産

藤沢の畜産物は、豚肉、酪農、肉牛、養鶏の4部門からなり、生産者が日々丹精を込めて生産、育成をしております。特に、養豚については、神奈川県でトップクラスの約16,000頭を飼養しており、「やまゆりポーク」「湘南ポーク」「かわなわ夢ポーク」「高座豚」などの安全・安心で美味しいブランド豚が出荷されております。

現在、牛肉・豚肉は、暖冬による鍋物を中心とした販売不振に加え、増税や新型コロナウイルス感染症の影響等により消費が冷え込んでおります。ぜひ、牛肉、豚肉、鶏肉を食べてみてください。

購入場所

藤沢の花

藤沢では、パンジー・ビオラなどの花壇苗をはじめとして、シクラメン、サイネリア、リーガースベコニア、観葉植物などの鉢物、バラ、スイートピーなどの切り花、コチョウラン、シンビジウム、カトレアなどの洋ラン類と、たくさんの花が生産されております。特にパンジー・ビオラの生産は県内でも有数の産地となっております。その他にも花壇苗などは季節に合わせ様々な花がありますので、直売所へ足を運んで、藤沢で育った元気な花をぜひ手に取ってみてください。
卒業式用に用意していたサイネリア、カトレアなど、キャンセルが多く生産者の方は打撃を受けています。この機会に藤沢の花を部屋に飾り、癒されてみませんか。

購入場所

藤沢の魚

相模湾で獲れる藤沢の水産物の種類は様々な魚介類がありますが、そのなかでも特に「湘南しらす」と「湘南はまぐり」は「かながわブランド」にも登録されている名産品です。
「湘南しらす」は、獲れたしらすを船上で氷に浸け、しっかり鮮度管理したものを「塩」以外の添加物を使用しないで釜揚げするため、お子さまからお年寄りまで、安心してお召し上がりいただけます。
「湘南はまぐり」は、片瀬海岸から辻堂海岸までつづく浅瀬にかけて、生息に適した粒の細かい良質な砂が堆積していることや、海水には境川と引地川から供給される栄養塩により、はまぐりの餌となるプランクトンが豊富に含まれ、肉厚で身入りが良く旨味たっぷりに育ちます。
食べたことがある方も食べたことがない方も、いっぱい食べて健康な体をつくり、新型コロナウィルスを吹き飛ばしましょう!!

購入場所

藤沢産利用推進店

藤沢産農水産物を使った料理を提供している飲食店や加工品販売店を紹介します。
おいしい藤沢産の利用推進店のページ(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

経済部 農業水産課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3532(直通)

ファクス:0466-50-8256

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?