検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 補装具・日常生活用具・住宅改修 > 藤沢市軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業

ここから本文です。

更新日:2018年7月11日

藤沢市 軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成

 身体障がい者手帳の対象とならない軽度・中等度難聴児の言語の習得やコミュニケーション能力の向上を支援するため、補聴器購入費及び修理費の補助を行います。

 ※先に品物を購入・修理した場合の助成はありません。

 ※必ず事前に障がい福祉課へご相談ください。

対象者

 次の全ての要件を満たす方

  • 市内に居住する18歳未満の方
  • 平均聴力レベルが両耳とも原則として30dB(デシベル)以上であって、聴覚障がいを事由とする身体障がい者手帳の交付対象とならない方 
  • 中耳炎等の急性疾患による一時的な聴力低下ではなく、耳鼻咽喉科的治療により聴力が回復する見込みがない方
  • 補装具の装用により言語の習得等に一定の効果が期待できると身体障がい者福祉法第15条第1項に規定する指定医に判断された方
  • 労災等、他の制度では補聴器購入費の助成を受けられない方

補助額(公費負担額)

  原則、基準額範囲内の購入費用の2/3(生活保護及び非課税世帯の場合は全額)

手続きの流れ(PDF:430KB)

 

  1.  相談・受診   市に相談のうえ、指定医等の医師の意見書の交付を受ける
  2.  見積依頼    補聴器業者に対し、医師の意見書に基づいた見積書の作成を依頼する
  3.  申請      次の書類を提出する(申請書・医師の意見書は市が規定する様式)

  【提出書類】

   ・申請書(PDF:99KB)

   ・医師の意見書

   ・見積書

    ※必要に応じて課税証明書を提出していただく場合があります

 4. 支給決定    市が提出された書類を審査し、必要と認めた場合は申請者に交付決定通知書を送付

 5. 納品及び利用者負担額支払   申請者は交付決定通知書を受理後、補聴器業者へ補聴器の作製を依頼する

                   納品後、利用者負担額を業者へ支払う

 6. 公費負担額請求  補聴器業者が請求書に助成券を添付し、市へ公費負担額を請求する

 7. 公費負担額支払  市が補聴器業者からの請求に基づき、公費負担額を補聴器業者へ支払う

窓口

  障がい福祉課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 障がい福祉課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3294

ファクス:0466-25-7822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?