ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 障がい者手帳・医療 > 新型コロナウイルス感染症の影響による障がいのある方の手帳・自立支援医療(精神通院・更生医療)受給者証の有効期間等の延長について

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

新型コロナウイルス感染症の影響による障がいのある方の手帳・自立支援医療(精神通院・更生医療)受給者証の有効期間等の延長について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診すること等を避けるため、障がいのある方の手帳・自立支援医療(精神通院・更生医療)受給者証について有効期間等が延長されます。ただし、記載内容に変更があった場合には手続きが必要です。

手続きが不要なもの

身体障がい者手帳

 対象者:再認定年月が令和2年3月から令和3年2月までの身体障がい者手帳をお持ちの方。

 再認定の期限:1年間延長されます。

 身体障害者手帳及び療育手帳の再認定(再判定)の取扱いについて(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

療育手帳

 対象者:再判定年月が令和2年3月から令和3年2月までの療育手帳をお持ちの方。

 再判定の期限:1年間延長されます。

 身体障害者手帳及び療育手帳の再認定(再判定)の取扱いについて(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

自立支援医療(精神通院)受給者証

 対象者:令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期間が満了する受給者証をお持ちの方。

 有効期間:現在の有効期間に1年を加えた期間に延長されます。

 新型コロナウイルス感染症に係る公費負担医療の取扱いについて(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

自立支援医療(更生医療)受給者証

 対象者:令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期間が満了する受給者証をお持ちの方。

 有効期間:現在の有効期間に1年を加えた期間に延長されます。

 新型コロナウイルス感染症に係る公費負担医療の取扱いについて(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

 手続きが必要なもの

 精神障がい者保健福祉手帳

 対象者:有効期限が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に

     有効期限を迎える精神障がい者保健福祉手帳をお持ちで更新、再承認申請をする方。

 取扱い:診断書の提出のみ1年間猶予されます。

 ※申請は通常の手続き期間に行う必要があります。

 ※障がい年金証書で更新手続きを行う方は手続き方法、手続き期限に変更はありません。

 新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続の臨時的な取扱いについて(厚生労働省)(外部サイトへリンク) 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 障がい福祉課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎2階

電話番号:0466-50-3528(直通)

ファクス:0466-25-7822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?