ホーム > まちづくり・環境 > 交通 > 公共交通 > 公共交通利用転換事業計画

ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

公共交通利用転換事業計画

公共交通利用転換事業計画とは、自家用車から公共交通機関への利用転換を促進して我が国のCO2排出量を削減することを目的に、必要となる事業の実施に要する経費の一部を国が補助するものです。

本事業計画は、湘南大庭地区での連節バス導入事業等の実施により、公共交通利用環境の改善及び自家用車から公共交通への利用転換を促進することにより、CO2排出量の削減を図ることを目的にしております。

湘南大庭地区の公共交通について

湘南大庭地区では、平成26年に郷土づくり推進会議を含めた地域団体やワークショップを通じて、公共交通の改善計画について、意見交換を行いました。平成27年度には、この改善計画について、関係事業者と協議を行い、湘南ライフタウン及び周辺地域の公共交通等の利用環境整備について取りまとめた「公共交通利用転換事業計画」を策定しました。

公共交通利用転換事業計画に示される事業のうち、次の事業を実施しました。

バスターミナルの拡張整備事業(湘南ライフタウンのバスターミナル機能強化)

湘南ライフタウンバスターミナル

連節バスの導入、速達性確保のための急行運転(辻堂駅遠藤線の軸の強化)

連節バス急行運転

石川方面のバス路線の新設(湘12系統:湘南台駅東口~石川橋~湘南ライフタウン)

石川方面バス路線

 

湘南台駅東口の駅前広場改修事業(湘南台駅東口の運用改善)

湘南台駅東口

情報の発信元

計画建築部 都市計画課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 分庁舎3階

電話番号:0466-50-3537(直通)

ファクス:0466-50-8223(建築指導課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?