ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 新型コロナウイルス感染拡大防止に係る火災予防上の留意事項について

ここから本文です。

更新日:2020年6月29日

新型コロナウイルス感染拡大防止に係る火災予防上の留意事項について

飛沫防止用のシート等の設置に伴う火災・消防法違反にご注意ください

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗や事務所等での飛沫防止用のシートの設置が増えていますが、県外の商業施設において、シートの近くでライターを点火したところ、シートに着火する火災が発生しました。

シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、店舗や事務所などにおいて飛沫防止用のシートを設置する場合は、難燃性又は不燃性のシートの使用を検討するとともに、次の点にご注意ください。

himatu

火気使用設備や器具、白熱電球などの熱源となるものから距離を取りましょう。

飛沫防止用のシートは燃えやすい素材の製品もあります。コンロなどの火気や高温となる照明器具の近くには設置しないように心がけましょう。

denki

消防用設備等や避難時の障害にならないよう設置してください。

事業所は規模や用途などによって、消防用設備等の設置が義務付けられています。飛沫防止用のシートを自動火災報知設備の感知器やスプリンクラー設備のヘッド付近に設置すると、火災時に煙や熱を有効に感知しない場合や散水障害となる場合があります。

また、避難経路やその付近に飛沫防止用のシートを設置したことにより、避難口や誘導灯が見えにくくなるなど、避難の支障となる場合がありますのでご注意ください。

設置について不明な点は消防局までご相談ください。

kanchiki

新型コロナウイルス感染拡大防止のために事業所が休業となる際は火災予防に注意しましょう

店舗や事業所が休業となり無人となる際は、火災予防に努め、火災を起こさないよう注意をお願いします。

火気・電気の確認はしましたか?

  1. ガスの元栓を閉鎖しましょう。
  2. コンセントの接続が緩んでいないか確認しましょう。
  3. コンセント周りのほこりは清掃しましょう。
  4. 必要のないコンセントは抜いておきましょう。
  5. コードが什器で踏まれていないか、また、折れ曲がっていないか確認しましょう。

放火に気を付けましょう。

年間を通じて放火は多く発生しています。人がいなくなった事業所や店舗は狙われる可能性があります。施錠確認を必ず行ってください。また、建物の周りには、ダンボールなどの燃えやすいものは極力置かないようにしましょう。

避難施設等の管理を徹底しましょう。

万が一に備え、避難口、廊下、階段及び通路など避難施設と防火戸、防火シャッターなどの防火設備の管理については、有効に機能するよう、次の事項に注意してください。

  1. 避難通路、階段などに物を置かない。
  2. 防火設備(防火戸、防火シャッターなど)は火災時の延焼拡大を防ぐ大事な設備です。常時閉鎖又は作動できるようその機能を有効に保持するとともに、避難施設の出入口に設けられている扉やシャッターの開閉障害となる物や延焼の媒介となる可燃物は置かないようにしましょう。

情報の発信元

消防局 予防課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 防災センター1階

電話番号:0466-50-8249(直通)

ファクス:0466-25-5301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?