ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 容器入りのままで販売されるガソリン等の適切な使用の確保について

ここから本文です。

更新日:2020年4月9日

容器入りのままで販売されるガソリン等の適切な使用の確保について

令和元年7月に発生しました京都府京都市伏見区の放火爆発火災を受け、同様の事案の発生を抑制するため、危険物の規制に関する規則の一部を改正する省令(令和元年総務省令第67号)が令和2年2月1日施行されました。

このことにより、ガソリンを容器に詰め替え、販売するときは、顧客の本人確認、使用目的の確認及び販売記録の作成を行うことが必要となりましたが、容器入りのままでガソリン等を販売される事業所におかれましても、本人確認等の実施をお願いします。

対象となるガソリン等は、キャンプやレジャーで使用するホワイトガソリンや、農業、林業で使用するガソリン混合燃料等の日本産業規格(JIS)K2201(工業ガソリン)若しくはJISK2202(自動車ガソリン)に相当し、又はこれを主成分とする第四類第一石油類の危険物であって、容器入りのまま販売されるもののうち、容器の最大容積が500ミリリットル以下のものを除いたものとなります。

購入される市民の皆様におかれましても、ガソリン等の適切な使用を確保し、火災予防を徹底するため、ご理解、ご協力をくださいますようお願いいたします。

詳細はリーフレットをご覧ください。

容器入りのままで販売されるガソリン等の適切な使用の確保について(PDF:974KB)

また、ガソリン容器には次のような表示をすることで、広く周知をしています。

gasoline-suticker

ガソリン容器の表示

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

消防局 予防課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 防災センター1階

電話番号:0466-50-8249(直通)

ファクス:0466-25-5301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?