ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > まちづくり・環境 > 下水道 > 下水道事業の経営 > 藤沢市下水道事業経営戦略

ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

藤沢市下水道事業経営戦略

藤沢市下水道事業経営戦略の策定について

本市では、「湘南ふじさわ下水道ビジョン」において、20年間の長期計画(平成23年度~令和12年度)と概ね6年ごとのアクションプログラムを定めています。同様に,当該事業に関する経営計画として、「藤沢市下水道事業経営計画」(平成26年度~令和5年度)を策定しており、これらに基づき各種施策を実施してきています。

 また全国的に見ると、下水道事業を含む公営企業を取り巻く経営環境は、保有する施設の老朽化に伴う大量更新期の到来や、人口減少等に伴う料金収入の減少等により厳しさを増してきており、公営企業が将来にわたってサービスの提供を安定的に継続することが可能となるよう、経営の基本方針である「経営戦略」の策定が求められています。

 今年度(令和元年度)は、「湘南ふじさわ下水道ビジョン」のPDCAサイクルに基づき、短期経営計画(収支計画)の策定とあわせ、下水道使用料の見直し(※下記参照)を行いました。

 本市では、この短期経営計画(収支計画)に経営の基本方針を加えたものを、藤沢市下水道事業経営戦略(令和2年度~令和4年度)として策定し、これに基づき、引き続き安定的な下水道サービスの提供と下水道の「見える化」に努めてまいります。

 

※「下水道使用料の見直し」について

 藤沢市では、下水道の運営に関し市長の諮問に応じ調査審議をするため、藤沢市下水道運営審議会を設置しており、今年度は、令和2年度から3年間の下水道使用料のあり方等の審議をいただき、答申をいただきました。その審議の結果、現行の下水道使用料体系で健全な経営が維持できる見込みであることから、その体系に基づく下水道使用料を経営戦略の収支計画に反映しております。
 また、答申の要旨については次のとおりです。

 

<参考>答申の要旨

(下水道使用料の見直しについて)

 市が示した「短期経営計画」においては、現行の使用料体系で使用料収入は漸減するものの安定しており、また予防保全型の維持管理やストックマネジメントの推進に向けた事業実施等を想定した、各年度の事業会計収支は均衡が維持できており、公営企業としての健全な経営が見込めると考えられます。

 以上のことから、今回諮問のあった次期下水道使用料算定期間における下水道使用料は据え置きとし、引き上げ等の改定は行わないことが適切であると判断するものです。

(今後の下水道運営にあたり留意して進めるべき点)

  1. 将来的な下水道事業の継続性を確保していくため、現在取り組んでいるストックマネジメントの構築を早急に進めるとともに、その他の課題への取組と調整を図りながら次期の中長期経営計画を実施していくこと。
  2. 「湘南ふじさわ下水道ビジョン」における各施策の活動指標、効果指標の検証により、PDCAサイクルに基づく諸計画の適切な進行管理を行っていくこと。
  3. 下水道事業の維持管理コストの縮減に努める一方で、財源となる下水道使用料等につきましては、未接続家屋等の水洗化の促進を図るとともに、常に負担の公平の視点を持って未収金の解消に努めるなど、収入確保に向けた取組を進めること。
  4. 将来ますます進展する課題に対して、経営力を維持し、安定的に下水道事業が継続できるよう、事業区域等の広域化や事業運営の共同化、最適化または民間活力の活用などの検討に取り組むこと。
  5. 下水道事業の健全性を確保するためには、利用者である市民の理解と協力を得ることが不可欠であることから、今後も、市民とのパートナーシップを高めるため、広報活動や下水道事業の経営状況などの情報公開に努め、湘南ふじさわ下水道の「見える化」を推進すること。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

下水道部 下水道総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 分庁舎5階

電話番号:0466-50-8246(直通)

ファクス:0466-50-8388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?