外来受診のご案内

医療連携のための基本方針

 国では、良質で適切な医療の効率的な提供を行うため、医療機関の機能分担と連携を強く推進しています。
当院は、高度急性期の病院として、専門的な診療や特殊な検査などの役割を果たすため、次のことを基本方針としています。

  • 地域のクリニックや診療所(かかりつけ医)から紹介された患者さんを診療します。
  • 一定期間の治療後は、かかりつけ医にお戻りいただきます。

 急性期を脱して病状が安定し、同じ投薬を続けている場合は、お住まいや勤務先近くの「かかりつけ医」での通院治療に切り替えていただきます。なお、病状に変化があった場合は、再度紹介状をお持ちいただければ受診できます。