医療安全管理指針

1. 安全管理に関する基本的考え方

 藤沢市民病院における医療事故の発生防止対策及び医療事故発生時の対応方法や診療に係わる医療の質の向上と安全確保のため、安全な医療提供体制の確立を目指すとともに安全管理を担う部門として医療安全対策室を設置し、医療安全管理活動の責任者として医療安全管理者を設置する。

2. 安全管理委員会等の基本的事項

 当院の医療安全に関する委員会として、医療安全管理委員会を設置する。

  • (1) 医療安全管理委員会は、副院長を委員長とし、医療事故の発生防止、医療事故への対応等安全管理に関する全般的な問題点を把握しその対応を講じる。
  • (2) 医療安全管理委員会の下部組織としてセーフティーマネージャー部会を設置し、ヒヤリ・ハット事例の詳細な把握、検討等を行い医療事故の防止に努める。
  • (3) 弁護士相談会を月1回開催し、医療事故の原因究明と今後の対応策を検討するとともに必要に応じ、医療事故審査会を開催する。

医療安全管理体制
医療安全管理体制

ページの先頭へ

3. 研修に関する基本方針

 安全に関する必要な知識や技術の維持、向上を目的に、全職員を対象とした安全教育研修を年2回以上実施する。

サンプル画像
医療安全対策室主催 勉強会

4. 院内における事故報告等の医療に係わる安全の確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針

  • (1) 医療事故防止のため、医療安全管理委員会において行為別等についての具体的な注意事項を定める事故防止の要点と対策を作成し、関係職員に周知徹底を図る。
  • (2) 医療事故の防止に資するためのインシデント・アクシデントレポートの報告とそれを分析する。
  • (3) 施設内に医療事故防止の周知徹底方法を図る。

5. 医療事故等発生時の対応に関する基本方針

  • (1) 初動体制
    ア院内での対応 イ患者側への対応(処置、検査などの施行)
  • (2) 医療事故の報告
    ア事実関係の調査 イ事実関係の説明 ウ事故原因の究明・過失有無の検討 エ対応方針の検討・決定
  • (3) 患者・家族への対応
    ア事故原因・過失有無の説明 イ話し合いによる解決(示談)
  • (4) 事故経過の記録

6. 医療従事者と患者との間の情報の共有に関する基本方針

 患者及びその家族から閲覧を求められた場合は、積極的に応じる。

ページの先頭へ

7. 患者からの相談への対応に関する基本方針

 患者等からの意見、相談等に応じられる体制を確保するため、患者相談窓口を設置する。

  • (1) 一般相談窓口 患者等からの意見・相談、医療安全に関する対応
  • (2) 患者相談窓口 患者等からの疾病に関する医学的な質問、生活上の様々な相談に対応

8. その他医療安全推進のために必要な基本方針

 本指針は、医療安全管理委員会で策定し、年1回以上見直しを行う。