ホーム > まちづくり・環境 > 住まい > 建築物の耐震について > 補助対象事業一覧 > 藤沢市分譲マンション耐震改修工事等補助金交付制度について

ここから本文です。

更新日:2022年7月14日

藤沢市分譲マンション耐震改修工事等補助金交付制度について

分譲マンションの耐震改修工事等費用の一部を補助します

藤沢市では、建築物の耐震性能の向上を図り、災害に強い安全なまちづくりを推進するため、耐震改修のための設計及び工事にかかる費用の一部を補助します。

なお、津波避難ビルの耐震化をより一層促進するために、津波浸水想定区域内の津波避難ビルついては、補助上限を引き上げています。(詳細はお問い合わせください。)

補助対象建築物

次の要件に該当するもの

耐震改修設計

  1. 昭和56年5月31日以前に建築確認を得て建築工事に着手したもの。
  2. 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨造で、地階を除く階数が2以上であること。
  3. 住宅部分の床面積の合計が、住宅部分の床面積の合計と非住宅部分の床面積の合計の3分の2以上であること。
  4. 対象建築物の区分所有者で自己又は1親等の親族の居住の用に供している者が3分の2以上であること。
  5. 異なる区分所有者の住宅の戸数が、原則として6戸以上、かつ、1住戸あたりの床面積が40㎡以上あること。
  6. 耐震診断の結果、地震に対して安全な構造でないと判定されたものであること。

耐震改修工事

  1. 「耐震改修設計」の補助対象建築物の条件を満たしているものであること
  2. 耐震改修設計が完了しているものであること

補助対象者

マンションの管理組合

耐震改修工事費用補助金額

耐震改修設計

1又は2のいずれか少ない額
  1. 耐震改修設計に要する費用の2分の1
  2. 1住戸につき5万円

※津波浸水想定区域内の津波避難ビルである分譲マンション

1又は2のいずれか少ない額

  1. 耐震改修設計に要する費用の3分の2
  2. 1住戸につき10万円

補助の対象となる費用は、耐震改修設計(耐震判定評価を含む)に要する費用です

耐震改修工事

1~3のいずれか少ない額

  1. 耐震改修工事に要する費用の23%
  2. 1住戸につき30万円
  3. 延べ面積5,000平方メートル未満→1,000万円
    延べ面積5,000平方メートル以上10,000平方メートル未満→1,500万円
    延べ面積10,000平方メートル以上→2,000万円

※津波浸水想定区域内の津波避難ビルである分譲マンション

1~3のいずれか少ない額

  1. 耐震改修工事に要する費用の2分の1
  2. 1住戸につき60万円
  3. 延べ面積5,000平方メートル未満→2,000万円
    延べ面積5,000平方メートル以上10,000平方メートル未満→3,500万円
    延べ面積10,000平方メートル以上→5,000万円

補助の対象となる費用は、耐震改修工事(工事監理を含む)に要する費用です

事前相談受付及び申請窓口

分庁舎3階 建築指導課

事前相談について

個別事前相談の予約は、随時うけたまわっております。電話による完全予約制とさせていただいております。

要綱・様式

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

計画建築部 建築指導課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 分庁舎3階

電話番号:0466-50-3539(直通)

ファクス:0466-50-8223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?