ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 組織案内 > 各課ご案内(組織図) > 環境部 > 石名坂環境事業所 > 余熱利用による地球温暖化対策・エネルギーの地産地消

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

余熱利用による地球温暖化対策・エネルギーの地産地消

石名坂環境事業所では、一般廃棄物の焼却により発生した熱を廃熱ボイラにより回収し利用することで、温室効果ガス約7,100t-CO2(スギの木約50万本分)の削減効果があり地球温暖化対策を行っています。また、エネルギーの地産地消事業を開始しました。

1.発電による温室効果ガスの削減

hatudenki石名坂環境事業所では、廃熱ボイラで発生した蒸気により年間約1,150万KWh(一般家庭約2,310世帯分)の発電を行い、約90%の場内電力消費を賄っています。
この分、電力会社から電力を購入せずに済むため、約6,400t-CO2の温室効果ガスの削減(スギの木約45万本分)となります。

sugisugisugisugisugisugisugi

2.温水等利用による温室効果ガスの削減

onsuip石名坂環境事業所では、廃熱ボイラで発生した蒸気のうち年間約4,400tを場内の給湯や冷暖房に利用するとともに、石名坂温水プールにも熱源(85℃の温水)を供給しプールの加温や冷暖房等に使用しています。
この分の蒸気は化石燃料を使用して作り出していないため、約700t-CO2の温室効果ガスの削減(スギの木約5万本分)となります。

sugisugisugisugisugisugisugi

3.エネルギーの地産地消事業について

災害バッテリー石名坂環境事業所では、平成29年3月から施設で発電した余剰電力を南部収集事務所に供給すると共に災害時用バッテリーへの蓄電に利用する事業を開始しています。
なお、平成29年度の余剰電力量は約124万KWhでした。

 

 

 

 

 

情報の発信元

環境部 石名坂環境事業所

〒251-0875 藤沢市本藤沢2丁目1番1号

電話番号:0466-81-6211(直通)

ファクス:0466-81-6290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?