ここから本文です。

更新日:2016年3月1日

児童虐待についての相談

「もしかして」 あなたが救う 小さな手 (平成27年度「児童虐待防止推進月間」標語)

児童相談所全国共通ダイヤルの番号が変わりました

1892015年(平成27年)7月1日から児童相談所全国共通ダイヤルが3桁の番号に変わりました。
児童相談所全国共通ダイヤルは、虐待かもと思ったときなどに、すぐに近くの児童相談所に通告・相談ができる全国共通24時間対応の電話番号です。通告や相談は匿名で行うことができ、その内容に関する秘密は守られます。

 

児童虐待とは・・・

orangeribbon児童虐待とは、本来子どもを守るべき保護者(親、または親に代わる養育者)が、子どもの身体や心を傷つけることで、子どもに対する重大な人権侵害です。
保護者がしつけのつもりでも、子どもの心身を傷つけ、すこやかな成長に悪影響を与えるものであれば、それは虐待になります。
将来を担っていく子ども達を地域全体で守り、育てていきましょう。

 

児童虐待の種類

身体的虐待

暴力をふるう、家の外に締め出すなど、子どもの身体を傷つけること

心理的虐待

子どもへの暴言や無視など拒否的な態度をとること、また、子どもの目の前で配偶者に暴力をふるうなど、子どもに心理的な傷を与えること

ネグレクト

食事を与えない、長時間子どもを放置するなど、子どもにとって適切な養育を行わないこと

性的虐待

子どもにわいせつな行為をする、またはさせること

地域住民の方へ

  • 子どもが家の外に長時間締め出されて泣き叫んでいる
  • 大人の怒鳴り声とともに、火がついたように泣きわめく子どもの声が聞こえる
  • 車の中に子どもが置き去りにされて泣いている

上記のように、著しく様子がおかしい、適切な養育を受けていないようだと思われたらご連絡ください。ご連絡いただければ、子どもや子育てをする保護者の手助けができるよう対応を考えていきます。

お知らせいただいた方に関する個人情報は守られますのでご安心ください。

保護者の方へ

虐待防止2

  • 「子どもといるとイライラしてしまう」
  • 「強く叱ったり叩いたりしてしまう」
  • 「子育てをどのようにしたらよいかわからない」

上記のような苦しい気持ちを相談してみませんか?一人で悩まずに、良い方法を一緒に考えていきましょう。

身近なあなたができること

近所や外出先で子育て中の親子に出会ったとき、赤ちゃんに笑いかけたり手伝ってあげたりしてみてください。さりげない行動やあたたかなひと言が心の支えになるときがあります。

連絡先

「子ども虐待ほっとライン」50-7714 

受付時間

月~金曜日 8時30分~19時00分
土日祝日 9時00分~12時00分、13時00分~17時00分 

※時間外、年末年始は児童相談所全国共通ダイヤルへ(189番)
※緊急の場合、子どもの生命・安全が損なわれる心配がある場合は、神奈川県警察「子ども安全110番」へ(0120-604-415:24時間対応)

情報の発信元

子ども青少年部 子ども家庭課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル7階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3841

ファクス:0466-22-1136(子育て企画課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?