ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 救急・救命 > 救命講習 > 応急手当普及員講習(インストラクターコース)について

ここから本文です。

更新日:2018年9月18日

応急手当普及員講習(インストラクターコース)について

応急手当普及員講習とは

応急手当普及員講習は、普通救命講習の指導者を養成するインストラクターコースです。

この講習では、普通救命講習の指導に必要な知識や、指導技術、普通救命講習のカリキュラムに準じたレッスンプランや、具体的な指導要領を学ぶ講習です。

藤沢市消防局では毎年3回、応急手当普及員講習を実施しています。

6月9日(土曜日)、16日(土曜日)、23日(土曜日)の毎週土曜日コース:終了しました。

8月22日(水曜日)、23日(木曜日)、24日(金曜日)の3日連続コース:終了しました。

12月7日(金曜日)、14日(金曜日)、21日(金曜日)毎週金曜日(平日)コース受付中

講習日

平成30年度(第3回)応急手当普及員講習のご案内

講習日:12月7日(金曜日)、14日(金曜日)、21日(金曜日)

講習時間:いずれの日も、9時から17時までの8時間(計24時間)※昼休憩1時間

講習場所:南消防署3階講堂(藤沢市鵠沼東8-3)

講習料:講習料は無料です。ただし、講習で使用するテキスト(約3,500円)は各自購入し持参が必要

使用テキスト応急手当指導者標準テキスト「ガイドライン2015対応」(東京法令出版)

受講条件:市内在住・在勤・在学の中学生以上の方(30人)

3日間受講可能な方で、AEDの取扱いを含んだ普通救命講習(上級救命講習)を受講済みの方

申し込み:救急救命課に直接来庁(電子申請または郵送での申し込みは不可)

※常時、申し込みを受け付けております。

応急手当普及員講習内容:3日間に渡り、応急手当の指導技法等について学びます。

zagakukousyuu

1日目は、テキストを使用し「応急手当の重要性、医学的な基礎知識等」を学びます。

また実技講習では「成人に対する救命講習:心肺蘇生法とAEDの使用方法」を復習します。

jitugi

2日目は、テキストを使用し「ファーストエイドの実技と指導要領、応急手当の実施に伴う法的責任等」を学びます。

また、実技講習では「成人に対する救命講習の指導技法」を学びます。

 

 

 

syuuryou

3日目は、2日目に学んだ指導技法を復習します。

また、筆記試験と実技試験を行います。

両試験で8割以上の得点を取られた方に「応急手当普及員認定証」を発行します。

 

 

 

藤沢市消防局では、救命講習を毎年約250回実施しており、約1万人の市民の方が受講しています。今後も引き続き、応急手当普及員講習を開催し,救命講習の指導者を養成していきたいと思います.

また,消防職員と一緒に救命講習を指導したい,興味がある方がおりましたら,救急救命課までご連絡ください。指導に携わるまでの手順等をお伝えさせていただきます。(担当:木瀬,勝森,岩橋まで)

 

救命講習協力団体

NPO法人ふじさわ救命普及推進会

藤沢市消防局では、NPO法人ふじさわ救命普及推進会と協働し、救命講習を指導しています。応急手当普及員の資格を所得している方であれば入会可能です。(救命講習の見学研修や、定期勉強会などを行っています。)
救命講習指導者の募集 藤沢市救命普及指導員 藤沢市消防局では、一部の応急手当普及員の方に指導を委託しています。応募については,藤沢市で応急手当普及員を取得している方に対し、毎年4月頃に文書にてご案内をしています。




Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

消防局 救急救命課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 防災センター2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8162

ファクス:0466-28-6417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?