施設案内

「藤沢市アートスペース/愛称 FAS(エファース)」は辻堂駅北口、湘南C-Xにある「ココテラス湘南」の6階を利用して、平成27年10月にオープンした藤沢市の新しい美術振興施設です。若手アーティストの育成・支援や様々なジャンルの企画展、ワークショップ、講座などを開催し、アートの新たな可能性と地域とのつながりを広め活動していきます。


〈利用案内〉

開館時間
10:00-19:00
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休館)
年末年始(2016年12月28日-2017年1月4日)
※開館日や閉館時間は変更になる場合があります。
観覧料
無料
授乳室
ココテラス湘南3F ヨガスタジオTURQUOIZ・MIND内。
お子様をお連れの女性はどなたでもご利用いただけます。
多目的トイレ
ココテラス湘南1F、3F、7Fに設置
(1Fはオストメイト対応、1F、3Fにはオムツ替え用スペースがあります)。

about-00


①レジデンスルーム(約138㎡)

若手芸術家の創作活動及び展示・発表の場
創作活動を行うアーティストに開放し、活用していただくスペースです。制作から発表まで一貫してこの場で行うことができ、制作現場を一般に公開するオープン・スタジオとしての機能も備えています。

about-01


②展示ルーム1(約116㎡)
③展示ルーム2(約86㎡)

身近な美術鑑賞の機会の場、美術作品の展示・発表の場
藤沢市アートスペースが企画する展覧会を中心に行うスペースです。展示ルーム1と展示ルーム2は、つなげて使用することもできます。

about-02_03


④ワークショップルーム(約52㎡)

美術学習の場
専門家によるワークショップやアートに関わる講座などを行います。

about-04


〈レンタルスペース〉

FASが主催及び共催事業で使用していない期間、展示ルーム、レジデンスルームをレンタルスペースとしてご使用いただけます。申し込みの上、抽選により使用者を決定します。

詳細はこちら→レンタルスペース


愛称「FAS(エファース)」について

2015年10月の藤沢市アートスペースオープンに向けて、全国から愛称を募集したところ、総数636件ものご応募をいただき、選考の結果「FAS(エファース)」に決定しました。藤沢の「F」、アートの「A」、スペースの「S」の各頭文字を基にして、それぞれを組み合わせたうえで発音しやすく読みをつなげています。親しみやすくワクワク感のある愛称となりました。

 


ロゴマーク・ロゴタイプについて

about-logo-01-640x452

愛称「FAS(エファース)」の「F」「A」「S」を図案化し組み合わせたもので、これらの図形は、FASの3つのスペース「レジデンスルーム」「展示ルーム」「ワークショップルーム」をそれぞれ象徴しています。また、文字間の余白(カウンタースペース)に同じロゴが重なる構造になっており、このもう一つのロゴマークは「市民」「アーティスト」「アート」を象徴します。これら象徴するもの同士が、連携・交流し合うスペース=「藤沢市アートスペース」を表しています。このロゴ・ロゴタイプのデザインは、藤沢市内在住のデザイナー塚本元氏によるものです。

Copyright © 2015 Fujisawa City Art Space, All rights reserved.