展覧会


開催中の展覧会

古今東西、猫にまつわる伝説や逸話は、数えきれないほどあります。

時代や地域によっては化け猫や悪魔、魔女の使いなどとされてきた一方で、神格化され、幸運の象徴として信仰されてきたのも事実です。猫の頭をもつ女神「バステト」は、古代エジプトで豊穣のシンボルとして崇められました。中国において猫は、悪霊を払い、害獣から穀物や蚕を守ることから大切にされ、長寿祈願の吉祥図に多く描かれるようになります。コレクション名にもある「招き猫」 は、日本の民間信仰に基づく縁起物として、あまりにも有名です。

本展では、猫が信仰の対象として登場する作品を中心に、みなさまに安寧が訪れることを願い、新しい年にふさわしい藤沢市所蔵の招き猫亭コレクション作品をご紹介します。


開催予告

本展は時間をテーマにした作品を手がける二組のアーティストを紹介します。

サイアノタイプ(青写真)という原始的な写真技法や動画データを平面作品に再構成する技法を使用しコラージュ作品を手掛けるcobird。
身近な物にエネルギーを与え動かすことで、本来の役割とは離れた物の特徴を抽象化させるキネティックな作品と、時間と空間の次元を往還させるようなコラージュ作品を組み合わせて、ユニットとして活動する片岡純也と岩竹理恵。作品を通して、時が変容する瞬間、またその過程を想像する場に立ち会えるでしょう。

Copyright © 2015 Fujisawa City Art Space, All rights reserved.