展覧会


開催中の展覧会

空前の猫ブームといえる昨今、テレビや雑誌などのさまざまなメディアでも取り上げられ、SNS でもその姿を見ない日はないほど、猫は身近で、愛してやまない存在です。そんな「猫」の美術作品を長年コツコツと蒐集してきたのがコレクターの招き猫亭氏です。そのユニークなコレクションは、これまでに「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」として全国の美術館にて紹介され好評を博しています。このたび縁があってそのコレクションが本市へ寄贈されました。

スタンラン、ビアズリー、ウォーホルをはじめ、歌川広重や歌川国芳の浮世絵作品、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、岸田劉生、椿貞雄、籔内佐斗司ほか国内外で著名な作家の油彩画、彫刻など、いずれも猫をモチーフとした優品およそ450 点になります。

藤沢市アートスペースでは、これらの作品を本市所蔵作品として順次公開する予定です。まずは第1弾としてコレクションの中核を成す選りすぐりの作品を紹介します。

市民をはじめ、多くの美術ファンならびに猫ファンの皆様に「招き猫亭コレクション」の魅力を感じとっていただければ幸いです。


開催予告

この度藤沢市アートスペースでは、当市と姉妹友好都市提携を結ぶ各市との文化交流を図るプログラムを平成30年度からスタートさせます。本事業は各姉妹友好都市ゆかりのアーティストと湘南ゆかりのアーティストが、滞在制作及び展示を行い、お互いの文化交流を図るものです。第一回目の本展では、平成30年度に姉妹都市提携60周年を迎えるマイアミビーチ市ゆかりのアーティスト、ガブリエル・デルポンテと湘南ゆかりのアーティスト、大崎清夏、河本蓮大朗、フクナガコウジ、水野美加の5名を紹介する「Scholar(スカラー)」を開催します。

デルポンテは、俳人の松尾芭蕉が紀行した史実に影響を受け、姉妹都市藤沢を起結とし、2014年から2年9ヶ月をかけ日本各地を自転車で旅しながら出会った人々を取材した「ブリッジ・ミー・ジャパン」プロジェクトを行いました。その経験は、人が常に学ぶ姿勢でいることの大切さを再認識させるものだったと語ります。本展ではプロジェクトで得てきたことを映像、写真、インスタレーションなど多様なメディアに可視化させた新作を発表します。

本展覧会名の「Scholar」は、日本語では「学者」と訳します。人は社会とのつながりを持つ時、無意識のうちに様々な事象を吸収し日々学んでいます。その姿勢はまさにScholar・学者そのものではないでしょうか。4名の湘南ゆかりのアーティストとデルポンテが、今一度人と人とのつながりから学ぶ姿勢を作品を通して表現することで、両市の関係を深める一助となれば幸いです。

Fujisawa City Art Space is going to begin a series of exhibition programs that aims cultural exchanges between Fujisawa and each of its sister/friendship cities from fiscal year 2018.This art project intends to let artists from sister/friendship cities and artists related to Shonan area mutually exchange their cultures through showcasing an exhibition of their artworks which they worked on at the Residence Room of Fujisawa City Art Space.

As the first session of the exhibition programs, we will hold “Scholar” that introduces five artists: Mr. Gabriel Delponte, an artist from Miami Beach which will mark the 60thsisterhood anniversary with Fujisawa in fiscal year 2018, and artists from Shonan area: Ms. Sayaka Osaki, Mr. Rentaro Kawamoto, Mr. Koji Fukunaga and Ms: Mika Mizuno.

Mr. Delponte; was inspired the historical fact written by a haiku poet writer Basho Matsuo, runs “Bridge Me Japan” project which took 2 years and 9 months from 2014 to interview people he met with bike journey around Japan. It started and wrapped in Fujisawa. He hark back the experiences of his project to reaffirm the significance of always taking a stance to learn from man. In this exhibition, he will exhibit new visualized works on multiple media such as videography, photography, and installation produced from the materials gained through the project.

The name of exhibition, “Scholar” translated as “Gakusya” in Japanese. Men spontaneously absorb and learn different kinds of phenomenon in each passing day when they connect to a society. Could it be exactly orientation of a scholoar/ Gakusya? It would be much appreciated if the four artists related to Shaonan and Delponte are to propose once again the attitude of learning from connection of individuals by their works that become an opportunity to deepen relationships of two cities.

友好姉妹都市マイアミビーチ市(アメリカ合衆国)について


その他の予定

2018.10.06-11.25

企画展Ⅲ Artists in FAS 2018 入選アーティストによる成果発表展

Copyright © 2015 Fujisawa City Art Space, All rights reserved.