ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 環境情報 > 藤沢市のダイオキシン類問題の経過について > ダイオキシン類河川調査等の結果について

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

ダイオキシン類河川調査等の結果について

2000年12月8日

本日12月8日神奈川県から県下各地の、ダイオキシン測定結果が発表されました。

この中には、引地川河口域のその後の調査も含まれています。引地川の5~10月までの調査では、水質及び底質とも時間とともに改善されています。底質では6月には100~210pg-TEQ/gの濃度がありましたが10月の調査では0.4~12pg-TEQ/gとなり全国平均値と同様になっていました。

水質では6月以降の継続監視結果で、8月以降はすべて環境基準を下回っています。

荏原製作所周辺の約600~1000メートル地点の土壌調査では1.4~7.1pg-TEQ/gで、平成10年度の全国調査の範囲内であり、平均値は全国平均値を下回っていました。

農作物等の調査では水田土壌が44~230pg-TEQ/gで環境基準値及び調査指針値を下回っていました。ここでとれた水稲は玄米で0.016~0.066pg-TEQ/gと低い値でした。

このほか引地川全域にわたって調査をしましたが、水質は42地点で0.14~5.6pg-TEQ/リットル、底質は0.96~46pg-TEQ/gでした。

県と市では、引地川や河口付近の海域で環境調査を実施するとともに、これまでの調査で比較的高い値が観測された地点については、今後も引き続き調査を行います。

記者発表資料へ

問い合わせ先:環境保全課 0466-50-3519

情報の発信元

環境部 環境保全課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3519(直通)

ファクス:0466-50-8418

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?