ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 郷土史 > 明治郷土史料室のご案内

ここから本文です。

更新日:2020年8月31日

明治郷土史料室のご案内

明治市民センター(明治公民館)2階に、地域のボランティアである明治郷土史料室運営委員会により運営されている明治郷土史料室があります。
東海道筋の歴史や耕餘塾など、藤沢市明治地区の歴史・文化史料を展示しています。

明治地区には、藤沢市の教育施設の先駆けとなる耕餘塾という私塾があり、教育者小笠原東陽らが指導に当たりました。後年総理大臣となる吉田茂をはじめとし、多くの政治家・実業家・教育者・社会活動家を輩出し、日本の発展に大きく貢献しました。明治郷土史料室にお越しいただき、耕餘塾の貴重な資料をご覧ください。

展示のご案内

『耕餘塾と三觜家』展

展示期間:2020年9月1日(火曜日)から2020年11月28日(土曜日)まで

開館時間:午前10時から午後3時まで(日曜日・月曜日は休館です)

本年1月より第39回の展示を行いましたが、コロナ禍の影響により展示期間途中で閉館となりました。そのため今回は、一部内容を刷新して「耕餘塾と三觜家」展を開催します。            今年は史料室の発足から15年目の節目の年にあたり、さらに掘り下げた「耕餘塾と三觜家」展を行います。耕餘塾や三觜家の人々の資料に加え、塾を支えた助教員や維持員の人たちにも焦点を当てました。

詳しくはこちら(PDF:397KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

市民自治部 明治市民センター

〒251-0042 藤沢市辻堂新町1丁目11番23号

電話番号:0466-34-3444(直通)

ファクス:0466-33-5727

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?