検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 自衛消防訓練・消防訓練を実施しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

自衛消防訓練・消防訓練を実施しましょう

いざという時に備えるのは、あなたです。

防火管理者は、消火、通報及び避難の訓練を定期的に実施しなければなりません。(消防法施行令第4条)

その中でも、特定防火対象物の防火管理者は、消火訓練及び避難訓練を年2回以上実施しなければなりませんので、消防計画を作成し、これに基づいて定期的に訓練を実施しましょう。(消防法施行規則第3条)

※特定防火対象物とは、劇場、飲食店、百貨店、旅館、病院等の不特定多数の者が出入りする建物です。

また、これらとは別に、防災管理者は、避難の訓練を、年1回以上実施しなければなりません。(消防法施行令第48条、消防法施行規則第51条の8)

消火訓練

消火器の取扱や屋内消火栓(2つのタイプがあります)を使用しての初期消火を目的とした訓練。

避難訓練

建物内の人に火災などの発生を知らせ、階段や通路を使用して安全な場所までの避難、誘導及び避難器具の取扱などの訓練。

他にも通報訓練・図上訓練・応急救護訓練等があります。

「災害は忘れた頃にやって来る」と言う言葉がありますので訓練を行い火災や災害に備えましょう。

計画から訓練までの流れ

通報訓練

  1. 日時、場所、訓練内容等の立案をします。(消防職員の派遣を希望される場合は、所轄消防署と日程調整してください。)
  2. 自衛消防訓練通知書・消防訓練届出書を、事前に消防署へ提出してください。
  3. 通報訓練を行う場合は、必ず通信指令を担当する部署へ事前に連絡をします。(電話 0466-22-8182)
  4. 訓練を実施します。
  5. 実施した訓練についての検討会を開き、次回の訓練等に活かします。

以上の1~5までを繰り返し実施します。

情報の発信元

消防局 予防課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 総合防災センター1階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8122

ファクス:0466-25-5301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?